台北国際書展(台北ブックフェア)にて

  • 2014.02.21 Friday
  • 23:29
なるべく早くブログも新商品もアップしたかったのですが、先週から蕁麻疹に悩まされてしまい、仕事は二の次になってしまいました。すみません・・・

私の成田空港での出来事よりも、今回の大雪に巻き込まれてしまった方々のほうが大変な状況ですよね。一日でも早く平常化することを願います。

延び延びになっていた台北ブックフェアのお話ですが、かなり活気のあるものでした。日本のブックフェア以上です。入場券を買うのに並ぶなんて、日本のブックフェアではあり得ない。


ちなみに会場は国際展示場。台北101(写真の建物)のすぐ近くです。

意外だったのは、中高生がかなり来ていたこと。開催期間は春節明け直後ということで、企業や学校はまだ休みという理由もあるようですが・・・会場に行ってみて納得。コミケのような一角があり、若い子たちはそれがお目当てのようでした。(下の写真)



でも、その辺りを差し引いても、やはり会場は湧いている感じ。6日間という長い日程なのに、夜10時くらいまで開いているし。連日のイベントでは、著名な方々の講演があるのですが(この辺はどこの国も同じですね)、案内板には、石田衣良、栗原はるみのお名前も・・・。

文芸書のジャンルでは、日本の作品がたくさん翻訳されていることは聞いていましたが、実用書の分野での日本作品の普及率は予想以上でした。料理からソーイング、ガイドブックまで。最近は仕事術を中心にビジネス書もどんどん翻訳されています。そのような事情もあってか、日本の出版社の出展も予想よりも多く感じました。


こちらは、経済雑誌系の出版社のブース。人が多くて良く撮れていません・・・

私の場合は、版権交渉をするわけではないので、出版社の方々とは全く別の視点で動いております。どんな収穫があったかは具体的には言えませんが、繁体字の絵本は、後ほどお店で紹介したいと思います。(気長に待っていてください^^)

本当はもっといろいろ書きたいことがあったのですが、体調がついていかず・・・回復したら、きちんと書きますので、また読んでいただたらうれしいです。

ペルシャ詩朗読とペルシャ書道のイベントへ

  • 2013.10.11 Friday
  • 22:34
今月はブログをしっかりと思っていたのに、体調が一進一退で・・・。滞りがちですみません。お店のほうは、品薄な状態でしたが、少しずつ再入荷してますので、覗いてみてくださいね。

新しい絵本もどんどん紹介していく予定ですが、なかなか届かないものもありまして・・・気長に待ってもらえるとうれしいです。

さて、先週のお話になってしまうのですが、10月3日には「ペルシャ詩の朗読とペルシャ書道」のイベントに行ってまいりました。イラン・イスラム共和国大使館の文化交流センターが主催で、イランで著名な詩人サーエム博士と、書道家のアーハンギャラン博士を招いての催しでした。

会場は、交流センターのオフィスでもあるマンションの一室。といえども、一部屋全てが絨毯敷きなので、なんだか不思議な雰囲気。

今回の催しは体験型のイベントで、実際に、詩の朗読も一緒に行ったり、ペルシャ文字を書いたりもしましたよ。私はペルシャ語の絵本は仕入れてはいても、ペルシャ語に精通しているわけではないので、これも新しい体験でした。

ペルシャ書道の筆を初めてみたのですが、あちらの筆は日本のように柔らかい獣毛でできたものでなく、竹ペンのように固いものでした。葦でできているようです。

通訳の方いわく「これらの筆は日本製」とのこと。どうしてかというと、来日時の宿泊先は川のそばらしく、お散歩ついでに、博士自ら材料を調達してきたから。平たく言うと、川辺に生えていた葦を持ち帰ってきたわけですね。それをしゃしゃっと削って筆にしてしまうという。

たくさんあるお手製の筆も、お菓子の空き筒に収納されていたし、様々な色のインク瓶もジップロックでひとまとめ。道具の価格と腕前は比例しないものなんだな、とつくづく思いました。

文字を書きながら周りを見てみると、結構慣れているかたも多い様子。どうやらペルシャ書道教室の生徒さん方がいらしている様子。イベントのお手伝いをされていた日本人女性の方がその先生らしく、語学だけでなく、書道でもかなり有名な方らしい。

その他の皆さんは、大学の研究者の方々かな、という印象。スタッフの方からは、私、大学関係者と思われたみたいなんですが、そんな大層なものでなく「・・・本屋です。」と説明してました。何でここに呼ばれたのかな、と考えてみたら、ブックフェアあたりで名刺交換したからかも。それくらいしか思いつかない。

まあ、めったにない機会だし、面白い体験もできたし、良しとしよう。と思って、家についた途端、体がぐったり。博士方は前日、東大でも講義をされていたそうで、翌日は早稲田、その次は同志社でも同様のイベントを行うとのことでした。タフだわあ、と思いながら、自分の体力の無さに自己嫌悪。

なんだか言い訳ですが、ちょっとずつペースを戻しながら、ブログは書いて行きますので、また、見てみてくださいね。

「ボローニャ・ブックフェア in いたばし 世界の絵本展」が開催されます 

  • 2013.08.17 Saturday
  • 20:06
今日は展覧会関係のお知らせです。

板橋区立美術館で毎年開催されている、ボローニャ絵本原画展。こちらはご存知の方も多いですよね。ちょうど先週末で終わってしまいましたが、見逃した方、遠方の方には、地方巡回もあるようです。お時間、場所等都合があえば、いかがでしょうか。(詳細は下記リンクから)

http://www.itabashiartmuseum.jp/art/bologna/bologna2013.html

さて、今日の本題はこちら。原画展終了後、板橋区ではもう一つ素敵なイベントが開催されているのはご存知ですか?

板橋区にあるボローニャ子ども絵本館が主催する「世界の絵本展」は、世界各国の絵本が展示されるイベントです。なんといっても実際に手に取って読めるところが素晴らしい。しかも入場無料!

ボローニャ・ラガッツィ賞の受賞作品など、普段なかなか目にすることのない絵本もありますよ。当店で扱っている韓国語絵本『目』なども展示されるようなので、中身が見たいなあ、という方は是非!宣伝みたいですが、ウェブショップでは、中身をお見せできないので、こういう機会は、いろんな意味でありがたいです。

会期は8月17日〜25日まで。会期は短めですが、成増駅からすぐの場所で開催されているので、東上線沿線の方は行きやすいかも。(詳細は下記リンクから)

http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/046/046248.html

実は、毎年楽しみにしていて、今年もふらりと行ってみようかな、と思っている次第。行ってきてからブログに書いても良かったのですが、会期が短いので、お知らせだけでも早めにと思って書いてみました。

どうして東京都板橋区では、ボローニャ関連のイベントが多いかというと、イタリア・ボローニャとは姉妹都市の関係にあるからなんですね。

絵本館主催の催しでは、「いたばし国際絵本翻訳大賞」も毎年行われています。英語とイタリア語部門があるのですが、来月から募集要項等の告知があるようです。

板橋区に住んでいた学生時代、無謀にも応募したことがあります。あの頃は、全く英語ができなかったし、絵本とどう関わっていくか模索し始めた時期だったかも・・・。懐かしい思い出です。

ちょっと怒ってます!

  • 2013.06.14 Friday
  • 20:28
いつもは絵本紹介のブログですが、今日は、お店についてのちょっと真面目なお話です。

お店を始めてまだ1年と少しですが、皆様のおかげで、なんとか続けております。小さなお店にも関わらず見つけてくださり、本当にありがとうございます。

お店を始める時に決めていたのは、他店にはないオリジナリティを出しつつも、お客様のニーズにあった商品を揃えること。このバランスは難しく、試行錯誤の毎日です。

アイデアが出ず、時には苦しいときもあるけれど、セレクトショップの醍醐味というのは、ここにあるのではないかな、と思います。

少々前置きが長くなりましたが、最近、お店へのアクセス履歴を見ていましたら、あることに気づいてしまいまして・・・。

ネットショップ運営者には必須と言われているアクセス分析。大規模店で、たくさんの人に向けた商品であれば有益でしょうが、小さいお店の場合は、下手をすると振り回されてしまうこともあるような。

それに気持ち悪いですよね。せっかくお店に来てもらったのに、裏で見られているなんて・・・。私もネットショッピングする時に、悩みに悩むことあります。何度も訪問して悩んでいる私の履歴は、まさにストーカー並み。かなり恥ずかしいです。なので、私は細かく見ないことにしていますので、ご安心ください(笑)。

ただ、このところ気になったのは、ある特定の場所(大阪と都内)からの定期的にあるアクセスなんです。何かを探しているというより、ウォッチしているという感じ。何だかわからないけれど変な感じがしたんですよね。

もしかして同業他社さん?と思って、当たりをつけて調べてみたら、どうもそんな感じでした。全部が全部同じというわけではないですが、参考にしている様子は見て取れました。うーん、あまりいい気はしませんねぇ。

出版社と専属の販売契約を結んでいるわけではないので、それらの商品は当店だけのものではありません。どのお店でも扱えますが、セレクトショップという立場で運営しているのなら、差別化を図るのが普通ですよね。

どうしても外せない作品というのは、かぶってしまうとしても、どうしてわざわざ?という気持ちになってしまいます。この1年私は、国内の他店は見ず、ほとんど海外の情報を参考に、選書してきました。そうでないと、自分の軸がぶれてしまいますから。

先方からすれば、「新参者のくせに」という気持ちがあるのかもしれません。でも、自身のセンスと目利きを売りにしているお店であるなら、そんなことはしないで、自信をもって独自にセレクトされたら良いのではないでしょうか。

あっ、都内のあるエリアと書きましたが、神保町にある洋書店ではありません。ここは私の古巣で、大変お世話になった書店です。絵本が好きだった私に絵本事業を立ち上げさせてくれ、ボローニャのブックフェアにも行かせていただきました。

当店と同じ商品があったとしても、それは、当時私が選書したものを、引き続き扱ってくれているからです。選ぶ人が同じなので、これはかぶっても仕方ないこと(笑)。元々アカデミックな分野を主軸に事業展開しているところですし、社長もきちんとした方なので、敢えてそんなことはなさらないです。

単純にアイデアを盗むのではなく、真似るのでもなく、良い意味で切磋琢磨していきたいというのが本音です。そうでないと、ただでさえ危ない出版業界、潰れちゃいますよ!

明日は絵本紹介いたしますので、引き続き読んでもらえたらうれしいです。

ボローニャ・ブックフェア2013

  • 2013.03.31 Sunday
  • 23:51
昨日、ボローニャから戻ってまいりまして、本日から営業再開です。皆様にはご不便をおかけいたしました。今日はブックフェアの様子を少し紹介しようかな、と思って書いています。



写真撮影が下手なうえに、会場内の暗さで、がらんとした雰囲気に見えますよね。すみません。実際は人もかなり多く、ごった返しています。ちなみに今年は50周年です。



ガラスケース内に展示された絵本は、今年受賞した作品たち。フィクション、ノンフィクション、新人賞にあたるオペラ・プリマのカテゴリーに分かれています。

受賞作品詳細は、ブックフェアのHPを見ていただいたほうが良いかと思います。こちらです。
http://www.bolognachildrensbookfair.com/en/bolognaragazzi-award/winners-2013/1061.html

当店では数点のみですが、扱っております。こちらからどうぞ。
http://www.lupinusbooks.com/?mode=grp&gid=504812

確かに、どれも斬新で、デザインには目を見張るものばかりなのですが、いつも疑問に思うのです。絵本というよりもアートブックではないだろうか、と。「眺めてみる楽しさ」はあっても、「読む楽しさ」がないものが多い気がしてならないんです。

今回は、かなり冷静な目で見てきたので、ちょっと辛口な意見かもしれません。でもそんな意見もあるよね、という程度に読んでもらえれば幸いです。

実際、受賞作品の版権契約を結んで、翻訳出版されているというケースは、正直少ないようです。各国の出版各社がフェア会場で、交渉して契約を結んでいるのは、もっと実際的な絵本ということですね。



絵本の賞とはほかに、イラストレーター・エキシビジョンなるものがあるのですが、こちらはどれを見ても、素晴らしい作品でした。

応募された3147点の中から、審査を通った77点の原画が展示されています。日本人の応募者はその中で16人もいるようです。すごいですね。

既に絵本を出版されている人もいれば、これから絵本作家へ踏み出す人もいる具合。いずれにせよ、たくさんの応募者の中で選ばれたということは、自作を出版することへ一歩近づいたということでしょう。

個人的に心配しているのは、これだけ良い絵を描ける人たちがいるのに、出来上がった本が中途半端なものになってしまうこと。

編集者の腕の見せ所だと思うのですが、わかる人だけがわかるアートブックになって欲しくないなあ、と思うんです。絵がいいから、そのまま出版ではなく、ストーリーにも力をいれて欲しい。

ストーリーも作れるイラストレーターなら良いのですが、そうでないなら、作家を別に立てて、一緒に本作りをするのもありだと思うんです。

私自身が出版社にいた時、営業サイドにいたことのほうが長いのですが、売れる本売れない本(長く読まれる本、すぐに読まれなくなる本)というのは、作り手側のさじ加減によるものが大きいと思っていました。

せっかく出版するのだから、長く読まれるものを。賞味期限の短いビジネス書ではないのだから、絵本でいいものができたら、それこそ何十刷も重版されていきます。

複雑な気持ちを抱えたまま会場を回っていましたが、それでも収穫はいくつかありました。次回は、くだらない話題とF1ネタが出ますので、ご興味ある方、引き続き読んでくださいませ。

3月25日〜30日までお休みします

  • 2013.03.18 Monday
  • 22:11
お店のお休みについてお知らせいたします。

3/25(月)〜30(土)は、出張で不在のため、お休みさせていただきます。
休業日前後も含め、受注業務は下記の通りになりますので、ご了承ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3/24(日)12:00までの受注分は、
→「代金引換」に限り、当日中に発送いたします。
(それ以外の決済の場合は、30日以降の処理になります。)

3/24(日)午後〜30(土)までのご注文
→30(土)または31(日)に「受注確認メール」を送付いたします。
その後、お支払い、入金確認、発送という流れとなります。

31(日)以降
→通常どおり行います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

個人で運営しておりますため融通がきかず、ご不便をおかけしまして申し訳ございません。

上記期間は、イタリア・ボローニャで開催されるブックフェアに行っております。素敵な絵本をたくさん仕入れて参りますので、4月以降のラインアップ、楽しみにしていてください!

・・・というものの、みなさんが「読みたい!」と思うようなものを見つけてこれるか少々心配。・・・空港でまた、ストライキに遭わないことも願いつつ、行ってまいります。


明日は、いつものように絵本紹介に戻りますね。

営業日変更のご案内

  • 2013.01.31 Thursday
  • 23:00
今日は、お店の営業日についてのご案内です。

2月1日より営業日を変更させていただきます。詳しくは、トップページのカレンダーをご参照ください。

【現状】土・日および祝日、年末年始が休業
【変更後】月(場合により火)・木および祝日、年末年始が休業


このところ、月・木に日中不在にすることが多く、お電話等でのお問い合わせにきちんと対応できないのが現状でした。

メールなどは外出先であっても、すぐに確認できるようにしておりますが、具体的に尋ねたいという方もいらっしゃると思いますので、このような方法にいたしました。

受注・発送は、土・日でも手配可能ですが、「銀行振込でのお支払い」の場合は、銀行の営業時間(平日)に確認後の発送となりますので、若干お時間をいただきます。ご了承ください。

代引きやクレジットカード決済の場合は、これまで通り、すぐに発送手配をいたします。

簡単なご案内で申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

日本語の絵本の取り扱いについて

  • 2013.01.04 Friday
  • 18:57
今日はお店のことについて、少々お知らせがあります。

2013年1月より、日本語の絵本を【中古】で販売開始いたしました。

以前より、いくつかお問い合わせをいただいておりまして、どんな形でご要望に応えようか検討しておりました。(過去の経緯はこちらです。)

もともと洋書を新刊で展開していくことを考えておりましたので、和書については積極的ではなかったのですが、ブログを読んでいただいて「読みたい!」と思ってもらえたのなら、それはとてもうれしいです。

通常の書店さんのように、新刊の日本語の書籍を扱うには、取り次ぎ会社と契約を結ばなくてはなりません。運営者側の問題で申し訳ないのですが、費用と手続き等を考えますと今は現実的ではないので、和書の新刊での販売は見送ることにいたしました。

代わりに古物商許可を取得し、中古での販売を開始しますが、ブログで取り上げた「和書(日本語)の絵本」のみを扱う予定です。

私自身、よほどの稀覯本でないかぎり、状態のよくない書籍は好きではないため、良い状態のものが手に入った場合だけの販売になります。ご了承ください。

探していたものが、当店で見つかればうれしい限りです。
絵本【中古】はこちらです。

本のしおり

  • 2012.10.21 Sunday
  • 12:28
今日は、絵本での商品紹介でもなく、しおりについてのちょっとしたエピソード。

私が最初に入社した会社は経済関係の出版社でした。株関連の雑誌も出していて、そういった雑誌の販促品として「しおり」をたくさん作っていたんですね。
少し他社と違うのは、必ず紐がついていること。紙だけよりもコストは当然かかるはずなのに、やめられないのは、書店さんから寄せられる声。お客さんから評判がいいからやめないでほしい、とよく言われていました。

マーケティング的に言えば、費用に対しての効果はそれほどでもといったところでしょう。結局は商品力があるかないかが重要なので。
ただ、あの「しおり」は、販促品ではなく、書店さんやお客さんへのちょっとしたお礼だ、と考えるとしっくりくるんですよね。日々商品を扱ってくれることや、何かの機会に出版物を読んでくれることに対しての。


※ 写真は当店のしおり。煮詰まった時に気分転換も兼ねてハンドメイド。


実は、この店のショップカードを作ろうとした時に、カードだけではつまらないかなと思って、「しおり」にしようと決めたのですが、「しおりなら当然紐付き」という考えになっていたのには笑えました。以前のことが刷り込まれていたみたいです。

少し前に、作ったしおりを、長年お世話になっている美容室さんと、半蔵門駅すぐの某書店さんに渡しましたら、すぐになくなってしまったようです。

私の場合は、まだまだ「ショップを覗いてみてくださいね。」という思いが強いですが、数あるしおりの中から選んでくれたのなら、それもまた縁かなと思っています。基本的に読書好きの方が、しおりを愛用しているわけですし!

そんなわけで、再びリクエストされているしおりを、お二方に渡しにいこうかな、と。某書店の店長さんは、学生時代の書店アルバイトでお世話になった方。偶然の再会でつながるのは、また楽しいですね。

このブログについて

  • 2012.10.12 Friday
  • 21:53
このブログをいつも読んでくださっている方、たまたま辿り着いて読んでくださった方、いずれにしてもありがとうございます。

何の気なしに始めてしまったブログですが、知り合いの方々も含めて、よく尋ねられることをまとめてみました。

1.ブログで紹介している絵本は、店頭在庫ですか?

一部を除いて、お店では販売していないのです。ごめんなさい。
「海外の絵本」の店なので、和書については紹介のみになります。
一部の例外商品は、「店頭でも扱っています」などと表記した洋書絵本です。


2.紹介されている絵本は、全部持っているのですか?

大半は、私個人で所有しているものですが、図書館で借りてきたものもあります。
うちの本棚も、私のお財布にも限りがあるので!(笑)
割合としては、個人のものが7割、図書館が3割といった感じです。


3.ブログ掲載の絵本(和書)をどうしても購入したいのですが。

たまたま取り上げた絵本が、絶版などで入手困難になっている場合、そういったお問い合わせもいただきます。図書館で借りてきたものは、残念ながら私の手元にはないですし、手元にある場合でも、個人所有のものになるので、ご要望に応えることは難しいです。
ただ、お気持ちはとてもわかりますので、古書での入手可否等、わかる範囲でご案内できたらと思います。

店として古書を販売するには、古物商の許可が必要です。【古書】を扱うことも検討はしておりますが、現時点では【新品】のみの洋書絵本店ですので、どうぞよろしくお願いいたします。
2013年1月より、一部のみ古書の取扱いを開始いたしました(許可証取得済み)。

お店とリンクしたショップブログという形をとっていますが、あまり売らんかなの姿勢では書きたくなかったのですよ。純粋に「この絵本知ってる?いいよ!」という感じで書いているので、気楽に読んでもらえたらうれしいです。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

お店はこちら

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM