ちょっと戸惑うスペイン語圏のニックネーム

  • 2017.01.03 Tuesday
  • 22:37

あけましておめでとうございます。

 

この半年、ブログがすっかりほったらかしになってしまっておりました。新年になったことですし、今年はもう少し計画的にお店の方を展開してまいります。

 

年明けにぴったり!という話題ではないのですが、年末年始に海外の知人のSNSやら、スペインの放送局のサイトやらを見ていて思ったのは、名前の呼び名(ニックネーム)には、お国柄が出るのだなあ、ということ。

 

英語圏の方々のニックネームは、想像がつくものが多い印象ですが、スペイン語圏の場合だと、同じ名前でもバリエーションが多いというか、なんというか・・・日本人的には予想を超えてくることが多い気が・・・

 

 


アンダルシア地方・フリヒリアーナの街並み

 

 

例えば、フランシスコ(Francisco)という名前。すごく一般的な名前なんでしょう。私も知っているだけで数人はいます。この名前の一般的な愛称は、パコ(Paco)になり、実際によく聞きます。これをまたちょっと変えたパキート(Paquito)というのもあるらしく、まあ、ここまでは想像の範囲内。そしてもう一つ、パンチョ(Pancho)というのもあるらしい。

 

フランシスコ=パンチョ、というのが、自分の中では受け入れ難く・・・なぜって、英語で言ったらフランシス(Francis)なわけで、個人的には上品なイメージなんですよね。でも、パンチョとなったとたんに、肉屋や八百屋にいる気のいいおじさん(ちょっと小太りの)をイメージしてしまうのは、私だけでしょうか。

 

他にも、ホセ(Jose)がぺぺ(Pepe)になったり(もう十分に短い名前なのに、なぜ言い変える必要があるのだろう)、ホセマリア(Jose Maria)がチェマ(Chema)になったり(長くて呼びにくいなら、最初から短くすればいいのに)など、いろいろある様子。

 

ちなみに、現在のローマ法皇の名前はフランシスコですが、Padre(英語だとFather) Franciscoを、上記の法則に従って短くしてみると、Papa Pacoになってしまう・・・なんだか、昨年流行ったPPAPっぽくて、複雑な気分。でも、日本のキラキラネームの方が、想像以上のものがありそうで、他国のニックネームをつつくのはこれくらいにしておきましょう。

 

他の言語では、どんな感じが知りたいものですね。

 

手帳術・・・その後

  • 2013.11.04 Monday
  • 21:39
細々と書いているこのブログ。読んでくれている誰かのために、と思っていたら、常連の方は某有名書店だった・・・なんてことが判明して(本当は随分前から気づいてたけど)、なんだか複雑な気分。

ブログという形で掲載している以上、見ちゃいけないというわけではないですが、わりと手間がかかるので、情報ソースとして使うならコンサル料が欲しいなあ(笑)

元々「読書の楽しみ」が広まればいいな、というのが当初の目的なので否定はしませんが、ネタに使うのは和書だけにしてくださいな。洋書になると実害が出てきてしまうので(泣)

とまあ、こんな事情もあって、ブログを少しお休みしていました。ショップの商品も含め、待ち構えられていると思うと、精神的にキツイものですね。それでも、絵本は好きだから、やっぱり続けていきますけど。

まだ本調子ではないので、今日のテーマは絵本ではなく「手帳術」。他人の手帳なんてどうでもいい。だけど、ちょっと気になるというのも事実。そうでなければ、ビジネス誌であんなに特集を組まないでしょう。

1ヶ月ほど前、「1日の時間割を決めよう」と決心した私ですが、自分にあった時間区分を考えてみました。

結果、採用したのは「午前・午後」の2区分。毎日アポイントがある仕事ではないし、あまり細かく決めると負担に感じてしまう・・・。

管理する内容は、「仕事&プライベート」の2分野でのやるべきこと。これ以上盛り込むとパンクするのは目に見えているし・・・。雑誌に載っているような手帳の達人に比べたら、かなり大雑把な枠組みですが、人それぞれですもんね。

そんなわけで始めた手帳術ですが、何より大変なのは習慣化。最初から、自分の性格にあわせて枠組みを作っても、体に慣れさせるのはなかなか大変。

それでも、やるべきことを意識するようになると、ちょっとずつでも効果がでてくるような。滞っていた事務作業や自宅のいろいろなところの掃除など、具体的に改善していきます。(今までがずぼら過ぎなのは否めない)



つらつらとどうでも良いことを書いてきましたが、文章ばかりだと飽きると思うので、この辺でちょっと目先を変えて・・・上の写真は今年始めから使っていたマンスリーのみの手帳(黄色)と雑記帳(青)です。PAPYRUSのノートは安いのにボリュームたっぷりでお得です。カラーも豊富。



先月から使い始めた手帳(白)と次回の雑記帳(黄緑)。青いノートを使い終えたら切り替えます。手帳は HIGHTIDE のもの。洋書モチーフなので、1年過ぎたら、本棚に収納しても違和感がないのが魅力的。



年の途中で雑記帳を使い終えたら、今度はこんなノートとの組み合わせも。飽きっぽい私は、こういう楽しみがないとダメなんですよね。

本当は一冊にまとめるのが、手帳の効率的な使い方なのでしょうが、毎日書くタイプ(ほぼ日やエディット)は、書かないページがあるとストレスになってしまうので諦めました。その点、雑記帳なら好きな時に好きなだけ書けます。

少しずつ体調が整ってきたら、お店やブログはもちろん、お出かけもしたいですね。書店見学も兼ねて、秋の京都なんていいかもしれません。

秋の夜長に何を読む?

  • 2013.10.25 Friday
  • 22:51
すっかり秋めいてきましたね。といっても、台風はまだ居座っているようで、早く過ぎ去ってほしいものですが。

読書といえば、皆さんは普段、何を読まれます?私個人は「今日は絵本じゃないなあ」なんて日は、ミステリーや海外文芸などに手が伸びて、だいたい一気読み。

ゆっくり読む派の夫からは「もっと味わったらいいのに」と言われます。一気に読んでいるけれど、しっかり味わってもいるんです(笑)。

絵本ももちろん良いのですが、大人がストーリーに入り込めるものとなると、ある程度の分量がある読み物のほうがいい気がしませんか。

英語学習での多読で使われるように、英語のペーパーバックは手に入り易い。でも、ちょっと味気ないんですよね。

詩集や短篇を読むように心地よく読めるもの、そして、それほど難しくない内容のもの。そんな感じのものないかな、と探していて見つけたのがこちらです。



既にお店で、ご覧になった方もいるかもしれませんが、ハードカバーの単行本です。児童読み物だけど、実は大人のほうが楽しめるかも、という内容です。

プレゼントにも悪くないかな、と考えてみたり。とはいえ、本のプレゼントは難しい!友人から「プレゼント用に選んで欲しい」と言われると、結構緊張。あれこれ悩みまくりです。



プレゼント用のアイデアではないですが、こちらの写真のような組み合わせも。どちらも同じイラストレーターのものなんですが、作者はぞれぞれ違っても、本の雰囲気はどこか共通するものがあるんですよ。

こんなふうに、一冊の本から次の本につなげていくと、思わぬ広がりが出てくるかもしれません。英語の絵本は、大手通販会社さんで購入する方が多いので、ビジネス的には扱うべきではないのですが、良いものは置いてみてもいいかな、と思ってます。

*写真の英語の絵本は、お店でも扱っています。こちらからどうぞ

*日本語の絵本『ないしょのおともだち』は後日、取り上げますね。

怪我の功名で手帳術

  • 2013.09.26 Thursday
  • 22:28
お彼岸の三連休。絶好調と思っていた矢先にきた、突然の体調不良。ブログも充実させようと思っていたのに・・・。そんなわけで久々のブログになってしまいました。ごめんなさい。

いやあ、もうそんなに若くないからいけませんね。とはいえ、もう回復していますし、お店も通常通り営業してますので、ご来店は大歓迎です。あっ、今回はインフルエンザに罹ったとかそういうのではなく、単に私がへろへろになってしまっただけのことです。

商品をお送りする以上、そういう菌までついていってしまったら嫌ですもんね。これに関してはご安心ください。

今回思ったこと。家で仕事をしていると、オンとオフの区別がつきにくくなってしまって、気づけばずっとスイッチが入った状態でいたみたいです。こういうのは全くいただけませんね。いい仕事もできない、と反省です。

私の場合、アイデアが思いついたらすぐに試さずにはいられない性格なんですが、反面、気分が乗らないときは全く手を付けない・・・

オフィスや店舗に出勤する機会があれば、気分は知らずの内に切り替わるのでしょうが、そうでない場合は工夫しないと難しいもの。

そこで思いついたのが、スケジュール管理(今更かよっ!とは言わないで)を徹底、いや、もう少しちゃんとやる(くらいにしておこう)。

ちょうど手帳も来年のものが出てきたことだし、楽しんでやってみようかな、という次第。そもそも手帳については、分厚いのが苦手でマンスリー一辺倒でやってきた私。むしろ雑記帳のほうが重要で、こちらにはあれこれ書いています。

重要な予定なら書かずとも覚えているので、私からすれば、夫の分厚い手帳は謎の代物でした。一体そんなに何を書いているんだろう。(書いても時々忘れてることあるよね、意味あるの?なんて。)

でも、よく考えてみると、私に欠けているのは「時間割」の部分だから、これを何とかするには、手帳術に乗っかってみるのもいいかも、と思い始めたわけです。

そうなるともう、世の中のご多分に漏れず、どんな手帳にしようかな、ほぼ日?EDiT?などと楽しい悩みを満喫しております。(悩んでいる時間が無駄な気も・・・)

余談ですが、海外の手帳にはこんな変わった情報がついていたりするんです。

例えばフランス。某証券会社が配布した手帳を見ると、「とにかく夏はバカンス」の人たちの国らしく、エリアごとのバカンスシーズンがわかる一覧表がついています。住んでいるエリアによって、おおまかな休みの時期が決まっているようです。

さらに、過去30年間のワインの出来一覧までついていました。産地ごとに豊作だったか不作だったかなどがわかります。手帳に載せるほどワインは重要なんですね・・・。

そういえば昔、スウェーデンに旅行に行った時に、現地の手帳を意味もなく買ったことがありました。単なる黒いビジネス手帳だったのですが、掲載された情報が謎。

モールス信号に、ルーン文字一覧。なんか特殊な手帳を買ってしまったのだろうか、と不安になりました。結局使わず、無駄なことをしてしまいましたが。

海外の手帳の中身も面白いですが、種類がこんなにたくさんあるのは、日本ならではですよね。皆さんはどんなものをお使いですか?

・・・生活のリズムを整えるまで、ブログは少し頻度が落ちるかもしれませんが、続けてまいりますので、また覗いてみてください。

十人十色の駅員さん

  • 2013.01.20 Sunday
  • 17:58
週1回、御茶ノ水まで行く用事があるのですが、定期券を買うほどの頻度ではないので、回数券を利用しています。都度買うよりもお得ですしね。

私鉄に乗り入れしている地下鉄に乗って、池袋で丸の内線に乗り換え。ですが、この池袋乗り換えが意外に曲者なんです。

最寄り駅に乗り入れしている一方の地下鉄に乗れば、改札をでないままスムーズに乗り換えが可能。でも、もう一方の地下鉄だと、改札を出なくてはならないので一手間かかる。もちろん、料金は一緒なんですが。

たまにうっかりと、面倒な方の地下鉄に乗ってしまって、回数券の処理(私鉄と地下鉄の2枚を使うため)を、駅員さんにお願いしたら、全員対応が違うのですよ。こんな感じで。


駅員さん1
この券で御茶ノ水まで行きたいと言ったところ、おもむろに取り出したのが、レストランの伝票くらいの大きさの短冊。よく見ると、地下鉄の全駅が地図になっている様子。初めて見ましたこれ。
そして取り出したのが、先がきりのような細さの穴あけ機。経由地と目的地をこれでパンチング。珍しくて最初はちょっと浮かれていたのですが、毎回これをお願いしなくちゃいけないのだろうか・・・。

駅員さん2
また、このルートで来てしまった。とりあえず窓口に・・・。今度の駅員さんは「精算機ののりつぎボタンで処理できるかも。」とアドバイス。なるほどと思ったけれど、再度券を発行したり、並んだりするのはちょっと面倒、というのが本心。

駅員さん3
遅刻ぎみで、飛び乗った電車は面倒な方の地下鉄。精算機が混んでいるようだったので、駅員さんのところへ。そうしたら意外なほどあっさり「そのまま通っていいですよ。」こちらは「!!いいんですか?」と念押し。「ええ、どうぞ」と駅員さん。
乗り換えてから気付きましたが、あの方法だと切符を買い替えたら安く済んでしまいます。駅員さん、甘過ぎです!

駅員さん4
ここまでくると、今度はどんな方法が出てくるかと半ば楽しみになってしまい、今回も駅員さんにトライ。今度の駅員さんは「オレンジ色ののりつぎ専用改札でいけるかも、やってみましょう。」とアドバイス。2枚通したら、この後必要な1枚だけが出てきて無事通過。ようやくベストな方法に辿り着きました。ああ、長かった!

駅員さんの社員教育がどうの、と文句をいうつもりは全くないです。どの駅員さんもきちんと対応してくれましたし。ただ、対応が人それぞれで面白いと思いませんか。

もう駅員さんの手を煩わせなくても済みますが、あの不思議な短冊はもう一度見たいな、という気もします。

侮れないローカルなチラシ

  • 2012.12.19 Wednesday
  • 23:23
年末年始の帰省は見送ることになったため、「餅」の手配をしなくてはと思い立った今週。臼と杵ではないけれど、実家では毎回、2〜3升ほどの餅を餅つき機でついています。

それに慣れているせいか、スーパーで売っている真空パックの餅はどうも苦手で・・・。さりとて、マンションで餅つき機を置くスペースもなく、ホームベーカリーは餅機能なしのものだし・・・。

そんなわけで、折込チラシが入っていた地元のおこめやさんへ今回は注文です。以前も頼んだことがあるのですが、ここは店構えも昔ながら(ウチの実家近辺でも最近見ないくらいの)で、最初は入るのを躊躇したけど、普通においしいお餅でした。

・・・お餅はともかく、こちらのチラシ、いつも頑張って作られているのですが、独特なセンスなんですよ。あまり掲載してしまうと著作権のこともあるので、一部のみですが、こんな感じです。



いいね!ボタン、そこにつけちゃう!? 押せないですけど!

この他も、タンタンそっくりなキャラクターが3人走っている絵があって、吹き出しに「お餅、お願いしわす(師走)」と書いてある。・・・ちょっと寒い、かな。

でもよく見ると、キャラクターそれぞれに、teacher, doctor, Dietman(国会議員)と英語で紹介されていているんです。どれも「先生」と呼ばれる人達ですね。なるほど。語源ネタに時事ネタまで組み込まれていて、うーん、高度すぎる笑い。

だいぶ以前ですが、東京都内に住んでいた頃も、今まで見たことないチラシに出会いました。確か、地元の畳やさんだったと思うのですが、「従業員募集」チラシが、新聞折込で来てました。

待遇や研修期間のほか住み込みOKなんてことは、想定内なんですが、どういうわけか娘さんの簡単なプロフィールが載っているんですね。写真こそはなかったですが、はっきりとお婿さん募集、と。これはもう「後継者募集」ですよね、本当は。就職した暁には、もれなく嫁までついてくるという。これがほんとの永久就職。

どちらもカラフルなチラシでなく、手作り感あふれるものだったから、つい見てしまったのかも。ローカルなものほど、おもしろいので侮れません。

11月5日といえば・・・

  • 2012.11.06 Tuesday
  • 15:31
1日過ぎて思い出したのですが、11月5日といえば、イギリスでは「ガイ・フォークス」のお祭りの日でした。

日本でいうと、関東の「どんど焼き」のような感じですかね。そんなに広くないエリア内の隣近所が集まって、篝火と簡易的な打ち上げ花火を楽しむという行事です。(場所によっては、フォークス人形を燃やしたりも。)
なので、日本人にとっては花火は夏の風物詩ですが、イギリス人にとっては秋の風物詩。

どうしてこんなお祭りができたかというと、結構血なまぐさい歴史があるようで・・・。
400年ほど前に、国王暗殺を謀ったガイ・フォークスが、すんでのところで捕まって処刑された日なんです。しかも暗殺は、火薬による爆殺を計画していたとか。

意外なところで知られはじめたのは、アノニマスの集団が好んで使っているお面。あれは実はガイ・フォークスをモチーフにしたもの。

イギリス各地で行われるこの行事も、ある所では国家反逆罪の悪者、またある場所では自由を求めて戦った英雄など、場所によって捉えられ方が違うみたいです。

でも、実際のお祭りの現場では、誰かが古タイヤを燃やしてひんしゅくを買ったとか、花火がとんでもない方向に飛んできそうで怖いとか、大義からはほど遠いお祭りです(笑)。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

お店はこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM