F1の意外なつながり

  • 2013.08.29 Thursday
  • 23:01
・・・ごめんなさい。今日の話題は久々のF1です。でもちょっと文芸なども絡んでくるので、ご興味あればこのまま読んでくださいな。

先週末の森林公園へのお出かけで、道中、意外なものを目撃しました。追い越して行ったクルマは、見たことのない白いスポーツカー。夫婦共々「今のはどこのクルマ?」となったわけですが、マークからしてマクラーレンの市販車だろう、と。

F1ではおなじみのマクラーレンですが、市販車って一体どんな人が所有しているんでしょうね。今回見たのは、P1(販売価格1億円!)ではなく、MP4-12Cだと思われるのですが、それでも販売価格は3000万円ほど。乗る機会があったとしても、怖くて乗れません!

プレスリリース時には、日本では100台の販売目標が挙げられていたので、そんなに所有している人はいないみたいですね。よほどこだわり(もちろんお金も)がある人が購入しているのだろうなあ。

最近はF1関連のニュース、ちっともフォローしていなくて、ちゃとしたファンとは言えません・・・。と、そんな時、家にあった『FACTA』9月号をぱらぱらめくっていたら、こんなところにもF1記事があるではないですか!

ちなみに『FACTA(ファクタ)』は、政治・経済誌の一つ。といっても、ちょっとどろどろな感じです。一般的な雑誌というより、政治や企業不祥事などの裏側をもっと知りたい人にはおすすめかも。オリンパスの事件の時は、すごくノリノリで書かれていました。

とまあ、そういう雑誌なのですが、そこに英国ガーディアン誌のF1担当記者からの寄稿が載っていまして、ちょっと読んでみました。

バーニー・エクレストンが贈賄容疑で起訴されたのは記憶に新しいところ。彼が一線を退いた後はどうなるの?というところに皆の目は向けられています。

名前が挙がってくるのは、F1関係者とばかり思ったら、意外なことに大手スーパーマーケット(セインズベリー)のCEOも挙がっているそうです。日本で言ったら、7&i みたいな感じでしょうか。何よりもイギリスを基点にすることが前提なんでしょうかね。難しい世界です。

雑誌のあと、今度は久々に須賀敦子さんのエッセイを読み返していたら、一つ、思い出しました。

一連のエッセイでは、イタリアで親交のあった方々の思い出なども語られているのですが、そこでピレリ一族の方との交流についても触れています。

初めて読んだ時は、結びつかなかったのですが、何かの番組か、または別の特集かで納得した記憶が・・・。一族の優雅なだけではない大変さが、須賀さんの目を通して伝わってくる内容です。

F1の現場では、タイヤ問題はかなり切実。一族の苦悩は置いておいて、話題になっている性能の問題だけでも解決してほしいところです。

明日は、絵本紹介に戻ります。

フェラーリ博物館(Museo Ferrari)への行き方

  • 2013.04.05 Friday
  • 23:10
絵本屋さんなんだから、こんなF1ブログばかり書いてないで、早く商品アップしろ、と言われそうですが・・・。今週末は韓国語、イタリア語をちょっとアップしますので、すみません。

前述の博物館への行き方です。ガイドブックなどでは、あまり詳しく載っていないようなので、もし、行く人がいれば参考になるかと思いまして・・・ご参考までに。


【フェラーリ博物館(Museo Ferrari)への行き方】2013年3月時点の情報です。

1.ボローニャ〜モデナ(鉄道)
所用時間:30分弱(各駅停車で4駅め)
運  賃:片道 3.6ユーロ(2等車の価格です)

*1等車も選べますが、近距離なのであまり意味がないように思います。
*準急のようなものも、何本かに1本走ってます。そちらの運賃は確か 10ユーロくらい。


2.モデナ〜博物館(シャトルバス)
所要時間:約35〜40分
運  賃:往復 10ユーロ
停 留 所 :モデナ駅→エンツォ・フェラーリ生家博物館→フェラーリ博物館(帰りは逆)
時 刻 表 :
モデナ駅発 09:50/11:20/12:50/14:20/15:50/17:20
F博物館発 10:30/12:00/13:30/15:00/16:30/18:30

*モデナ駅とエンツォ博物館の間は10分の所要時間となっています。
*モデナ駅では、4番のバス停からの乗車。グレーのミニバンの確率が高いです。チケットはドライバーから購入します。

わからなければ、駅前にあるインフォメーションで「Museo Ferrariに行きたい」と聞くと、親切に教えてもらえます。

【お得な割引とツアー】
フィレンツェやローマなど遠方からくる場合、フェラーリ特急と呼ばれるイタロに乗ってくると、入場料が2ユーロほど安くなるようです。
イタロやその他の特急では、モデナは停まらないのでボローニャあたりで乗り換える必要はあります。

一番の見所は、事前に予約が必要なガイド付きのツアー。ファクトリー内に入っていけます。1日2回のみ。12:30と13:30の出発です。
撮影できないように、携帯のレンズなどにはシールを貼っての入場となるようです。参加者はそう指示されてました。詳細は下記のページを参照ください。

http://museo.ferrari.com/factory-and-fiorano-track-tour-2/

私はいつ行けるかわからなかったので、予約することができませんでしたが、予定に組み込んでいるなら、ツアー参加は良いと思います。




ボローニャに立ち寄ったり、泊まる予定のある方は、ボローニャにある老舗のチョコレート屋さんで、FIATチョコを購入されてはいかがでしょうか。

MAJANI(マイアーニ)というお店ですが、中心部からちょっと歩いたような。私は時間が無かったため、中心部(マッジョーレ広場)からすぐのチョコレート屋さん「Drogheria Gilberto」で調達しました。場所などは、下記リンクにてご確認ください。

http://www.drogheriagilberto.it/site_flash/index.html

ここは自前のチョコもあるのですが、マイアーニのチョコほか、いろいろな銘柄を扱っています。マイアーニ本店は、それこそ贈答用な感じの包装ですが、こちらはお徳用な感じにごろごろ入ってます。

完璧な情報とは言えませんが、お役に立てれば幸いです。

訪問時の博物館の様子は、前回のブログ「フェラーリ博物館へ」を参照ください。

モデナの街の様子は、ちょっとだけ、こちらのブログで紹介してます。

フェラーリ博物館(Museo Ferrari)へ

  • 2013.04.04 Thursday
  • 23:19
モデナ駅前のバス停に停まっていたグレーのミニバン。博物館行きのシャトルバスってこれかしら、と思って覗いてみると、そのとおり。フェラーリのあの赤いユニフォームを着たドライバーが座ってます。

スーツ姿の人がドライバーだとしても、真っ赤なネクタイをしているはずですよ。(帰りのドライバーはそうでした。)どちらも親切でジェントルマン。でも、どちらもクルマはとばします。携帯片手にね・・・。

30分ほどかけて、農村と工業地帯が混ざったような郊外に入っていくと、バーンとフェラーリの工場が姿を現します。ほんとにファクトリーという感じ。その側を抜けて博物館へ辿り着くのですが、正直、博物館よりも工場全体を目にした時のほうが、衝撃でした。



ワンフロアは、ぱっと見渡せてしまうくらいの広さなんですが、右をみても左もみてもフェラーリ。そしてエンジン、車体、パーツ・・・。みなさん、一様に写真撮ってます(写真撮影はOK)。私も撮ってみましたが、そもそもそんなにメカに詳しいわけでもなく・・・。



こちらのF1マシンは、マンセルが乗っていた "F1-89"。触ることはできないけれど、こんなに間近で見られる機会はないですねぇ、確かに。

他にも、ジル・ヴィルヌーブが乗っていた "F1-126CK" や、プロストの "F1-90"などなど、いろいろありました。私の写真の腕が良くないのが、本当に残念。

Victories Hall なる別室に行ってみると、優勝を飾った過去のマシンが半円形に並んでいます。並べてある角度といい、空間といい、すごく落ち着かない。こんな感じです

しかもここは、会社などのちょっとしたパーティーや催し物などでも、レンタルできるスペースらしい。どのくらい活用されているのか、知りたいところ。



ホールの壁面には、これまでのトロフィーと歴代チャンピオンのヘルメットなどが飾られています。ニキ・ラウダも笑ってます(大怪我する前ですね)。



F1初期のころは、こんなヘルメット!昔はレース中に鳥にぶつかって大変なことになった、と聞いたことがあるけれど、これでは本当に命がけ。

余談ですが、博物館に行ったら、トイレにも気を抜けませんよ。一応ゲスト用だと思うのですが、従業員用?と思うようなトイレのドア前にまで、エンジンやら車体の一部やらが飾られています。

おもてなしの心遣いと考えたいところですが、ここに飾られることになってしまったエンジンたちが、少々気の毒でした。

無知なりにも楽しめた博物館。詳しい人(特にメカ好きの人)にはたまらない空間かもしれません。ボローニャ方面に行くことがあったら、訪れてみてはいかがでしょうか。

アメリカGPとMoto X

  • 2012.11.20 Tuesday
  • 21:22
昨晩は、自宅でF1のアメリカGPを観戦。うっかりとニュースをチェックしてしまい結果は先に知ってしまった・・・。楽しみは半減。

今回でチャンピオンが決まると思いきや、次のブラジルGP(最終戦)まで、もつれ込むとはびっくりです。個人的にはアロンソ(フェラーリ)に勝ってほしいなあ。

それにしても、開催地やトロフィーのデザインなどを見ていると、お国柄ってずいぶん出ている。アメリカの開催地はテキサスなので、表彰台ではテンガロンハットかぶらされていたし、なんかトロフィーの作りもざっくり。(3位のトロフィーが、とてもちゃちく見えたのは私だけ?)

アメリカではF1よりも、インディやNASCARの方が人気があるようなので、アメリカ人はもっとワイルドなレースのほうが好みなのかな、と思っていたら、こんなのがありました。

たまたまテレビで知ったのですが、モトクロスバイクのレースは半端じゃないんですね。車体ごとジャンプ、回転しながら、途中で両手離してます。見ないとわからないのでこちらをどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=oS4RazU0WkU

「Moto X」は「X Games」という曲芸的な技や速さを競う大会のカテゴリーの一つらしく、Moto X の中でもいくつか種目があるようです。日本人で活躍している人がいるなんて知りませんでした。しかも金メダルを取るほどの!すごい!

いくつか関連動画を見ていて気付いたのですが、大会スポンサーの一つは「U.S.Navy」。アメリカ海軍ですか・・・。

なんだかこれに比べると、F1がとても優等生的で優雅なスポーツに思えてしまう。とはいえ、F1の世界はどす黒い政治の世界なので、これはこれで負けず劣らず刺激的かも。

小林可夢偉 鈴鹿で初表彰台!!!

  • 2012.10.08 Monday
  • 21:49
今年のF1鈴鹿GPは行くべきだった・・・。夫と後悔しまくりの昨日でした。ニュース等でご存知の方もいるかと思いますが、小林可夢偉(ザウバー)が堂々3位入賞です。

これで表彰台に上った日本人は3人。アメリカGPで3位になった佐藤琢磨以来ですが、鈴鹿では鈴木亜久里の3位登壇から22年ぶり。

今年のザウバーチーム、そんなに悪くないのに、どういうわけか可夢偉の方だけ運がない。そんな中での初表彰台が母国グランプリとは、本人にとてもファンにとっても念願のもの。テレビで見ていても観客席からのコールはすごかった。

他に日本びいきのドライバーもいて、彼らの動向もきになるところでしたが・・・
ジェンソン・バトンは、レースの前の週に東北の被災地まで赴いて、子供たちにカートを教えたりもしてました(恋人と一緒にね)。

フェルナンド・アロンソも都心で普通に電車に乗って、原宿など観光していた様子。他国のグランプリの時よりもずっと多く、Facebookの写真をアップ(結構おもしろかったです)。

セバスチャン・ベッテルも日本語満載のヘルメットだったし(センスの善し悪しはともかく)。

そんな彼らも応援したかったけど、やっぱり今回の主役は小林可夢偉。
日本では、昔ほどF1の知名度がなくなってきているのは事実で、今年は地上波からBS放送になってしまっているんです。F1の知名度をあげるためには、自分が頑張らなくてはいけない、というようなことを言っていたから、本当によく頑張ったなあ、と感心しきり。

なんだか興奮覚めやらずの状態ですみません。次回は絵本紹介にもどります・・・。

ロバート・クビサ ラリーで復帰!

  • 2012.09.23 Sunday
  • 20:56
すみません。今日のブログ「絵本紹介」ではなくF1です・・・。

ザナルディのメダル獲得(パラリンピック)のブログで、ちょっと触れたロバート・クビサ。
彼が9月10日にあったラリーで優勝していたんですね。復帰おめでとう!!!

趣味としてラリーに参加しているクビサは、2011年2月のラリーレースでクラッシュ。ガードレールが車体を突き破るという大事故に。特に右手がひどく、切断せずに済んだのは奇跡的と言われてました。

実は、個人的に応援しているドライバーは、アロンソ(フェラーリ)とクビサなんですが、市街地コースが得意なクビサの走りは、素人である私が見ても素晴らしい。
※市街地コースは、舗装もサーキットと違うし、壁に囲まれた場所もあるので難しい。

クビサってどんなドライバー?と思ったら、検索してみてください。
ジェンソン・バトンはイケメンですが、クビサは・・・そうではない、かな。たぶん。

クルマのセットアップを待っている時も、いつもピットの隅っこのほうで、体育座りしていて、ドライバーにありがちな「オレ様」の感じがない。いじめられていないかしら、と心配になるような雰囲気なんですよね。走るとすごいけど。

いつだったか、レース後にこんなことありました。ドライバーがそれぞれ、各国のプレス取材に対応するため、別れて動き始めた時、小林可夢偉が何か落としたのですよね。クビサは既にマイクを向けられていたけれど、先に拾って本人に渡してあげていたんです。

一昨日届いた雑誌『AUTO SPORT』では、ある海外モータージャーナリストによると、先にあげたザナルディとクビサは、普段でもとても親しい間柄だとか。なんだかわかる気がします。この2人が話していると、その場が和むようなことも書いてありました。

「走り」の素晴らしさはもちろんなのですが、レース外のところどころで見せる人間性も、応援したくなる要素なんですよね。

ザナルディ 祝・金メダル!

  • 2012.09.09 Sunday
  • 21:56
以前に、太腿から下を両足ともなくしてしまったF1ドライバーのことを、ちょこっとブログで触れましたが、なんとそのアレッサンドロ・ザナルディが、パラリンピックで金メダル獲得です!(以前のブログ はこちら
しかも、ロードレースとタイムトライアルの2個。加えてリレーの銀メダル1個まで。すごい!

2001年の大事故から11年。精神面も含めて、身体を回復させるだけでも相当に時間がかかると思われるのに、新しい競技でも頂点を目指すなんて。・・・その精神力を学びたい。

今回ちょっと思ったのですが、日本ではパラリンピックは、あまり放送されてないですよね。私自身、スポーツは「超」がつくほど苦手なもので、先に行われたオリンピックも、夜通し観戦するほどの熱意は正直なかったです。
でも、テレビをつけて競技をやっていたら、なんとなく観てしまって知らぬ間に応援してました。

パラリンピックも、テレビでそこそこ放送されると思っていたら大間違い。NHKのハイライトくらいなんですよね。普通に、いろいろな局で放送してもらえれば、私みたいにスポーツに関心が薄い人でも、観たから興味をもった、ということもあるかもしれないのに。なんだか残念ですね。

そんなわけで、ようやく見つけた映像がこちらです。

http://www.youtube.com/watch?v=IwJtQYltqCQ

映像とは関係ないですが、怪我のため、現在F1から離れているロバート・クビサも、何らかの形で復帰してほしいです。
今日は少々マニアックな、F1ブログでごめんなさい。

もう一つのフェラーリ物語

  • 2012.08.22 Wednesday
  • 20:24
以前仕事で、英語の小説をリストアップしていた時のこと。ふと目に留まったタイトル『The Art of Racing in the Rain』。雨の中でレースをする技法???レース関係の本かな、と思って調べてみたら、なかなか良さそう。買って読んでみたら、当たり!な本でした。



犬のエンゾ(エンツォ)の飼い主はレーサーのデニー。エンゾの視点で語られていく物語は、他の動物ものとは一線を画する深い内容です。
才能がありながらも、困難に見舞われるデニーの人生は、まさにどしゃ降り。「雨の中でレースをする=どしゃ降りの人生を生き抜く」という意味でもあるのですね。



あきらめず闘い続ける飼い主に寄り添って、ずっと彼を見続けたエンゾ。そのエンゾの目(日本語版表紙)には、なんとF1カーが映っています。エンゾがいかに主人とレースを愛していたかは、読んでのお楽しみ。後味の良い結末は、正直泣けます。

映画になってもおかしくないかも、と思っていたら、作者は映画製作に携わっていた方でした。作中にもフェラーリは出てきますが、こちらはもちろんフィクションです。
そうであっても、F1ファンも納得の、期待を裏切らない本だと思いますよ!

*『エンゾ レーサーになりたかった犬とある家族の物語』
ガース・スタイン(著) 山田 久美子(訳)
ヴィレッジブックス(2009年刊行)

* 『The Art of Racing in the Rain』
Garth Stein (published by HARPER, 2008)

F1ドライバーは気合いで治す!

  • 2012.08.02 Thursday
  • 21:53
「病は気から」とか、「思考は現実化する」などという言葉、よく聞きますよね。
F1ドライバーも他のアスリート同様、半端じゃない精神力で、怪我を治しているようです。例えば・・・

【ニキ・ラウダ】
クラッシュしてクルマが炎上。大火傷と有毒ガスを被って生死をさまようけれど、1ヶ月半で復帰。復帰後いきなり4位って一体・・・。

【ミカ・ハッキネン】
タイヤバリアに突っ込んだときに、舌を噛み切って意識不明の重体に。それでも復帰後、チャンピオンになってます。

【ジョニー・ハーバート】
F1デビュー直前に、F3000のレースでクラッシュ。両足複雑骨折したけれど、年内に治せば、F1に乗せてあげようというお誘いが。そして4ヶ月で治します。事故直後に誘うほうも、ある意味すごい。

【アレッサンドロ・ザナルディ】
F1から離れた後にCARTレースでクラッシュ。両足とも大腿部から下を切断。ものすごい大事故なのに、3ヶ月後には、義足で立ち上がれるまでに。その後、レースに復帰して引退後には、なんとハンドサイクルでパラリンピックにまで出場!(ロンドン五輪にも出るようです。)

今回の女性ドライバー(史上3人目となる)の事故は、とても悲しいことだけれど、一命を取りとめることができたのは、本当に良かった。復帰するかどうかは別として、乗り越えてほしいです。

夏バテくらいでうだうだ言っている自分は、まだまだです。
参考文献は下記のもの。F1の偉人伝をコミックで楽しく読むことができますよ。

*『週刊オートスポーツ特別編集 オレさま烈伝』(壱、弐、参の巻)
三栄書房より出版
http://as-web.jp/mook/backnumber.php?m=6
やや(?)男性向けなので、女性はちょっと引いちゃうかも。

ライバルはレッドブル!?

  • 2012.07.19 Thursday
  • 21:56
エナジードリンクでおなじみの RedBull は、F1チームでも有名です。
一昨年、昨年とセバスチャン・ベッテル(レッド・ブル)が優勝し、いつのまにか上位チームに定着。混戦の2012年はどうだろう?と思っていたら、2位、3位にあがってきてますね。ちなみに現在の1位はアロンソ(フェラーリ)です。

絵本屋さんで、あんまりマニアックなこと書いてもちょっと、と思うので、F1CM(第2弾)を楽しんでください。昨年のものなので、ちょっと古いけど、今年は意外にあり得る展開かも。

http://www.youtube.com/watch?v=ocGtaqg8dsg&feature=results_main&playnext=1&list=PL1973109DB116CC50

シューマッハとロズベルグ(どちらもメルセデス)が、同じレストランでそれぞれ食事。「あちらのお客様からです。」とシャンパンを運ぶウェイター。ライバル心を燃やして贈り合う2人に運ばれてきたものがこれ。よく許可しましたよね。
最後に出てきた男性は、元F1チャンピオンのミカ・ハッキネンです。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

お店はこちら

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM