『HOUSE HELD UP BY TREES』Ted Kooser

  • 2014.05.02 Friday
  • 23:33
前から気になっていたこの絵本。読んでみたら、やっぱり素敵な本でした。でも、子供向けではないですよ。



アメリカの詩人、テッド・クーサーの作品を絵本にしたもの。ピューリッツァー賞を受賞しているそうで、本国では知られている方のようですが、日本ではあまり知られていない様子。私も本作で知りました。

イラストを担当したのはジョン・クラッセン。『どこいったん』でおなじみの方ですが、こちらの絵本は、味わいのある大人の絵本という仕上がりです。ブラック・ユーモアの絵本が強烈だったので、意外な感じがしますが、元々色味を抑えた絵が多かったなあ、と思えば納得です。

お話はと言うと・・・木立に囲まれた敷地にある家。子供たちが小さい時は、林は最適な遊び場でした。茂みに隠れたり、木陰で休んだり。リスやがて子供たちは大きくなり家を離れ、一人家に残った父親も、後に家を離れます。

誰も住まなくなった家。次第に廃屋となっていく家とは反対に、木々は生命力を増していきます。人が住んでいたころは、庭に根付かなかった種子も、今ではあちこちに根をはり、すくすくと育っていきます。

時はさらに過ぎ、最後にはこんなことにまで。どんなことになるかはタイトルから想像してみてくださいね。人生という時が過ぎ去っていく喪失感と時が経つほどに生命力が増す木々の躍動感。二つの視点の対比が、この作品の肝なのだと思います。

個人的には、詩や散文に素敵な挿絵がついていると買いたくなってしまうほう。(全然イメージと違うものだとがっかりですが)絵本という形での詩集、良い組み合わせだと思うんだけどなあ。もっといっぱい出て欲しいと個人的には思っています。

こちらの絵本はお店でも扱っています。こちらからどうぞ

*『HOUSE HELD UP BY TREES』
Ted Kooser
Jon Klassen

応援してます!海外で活躍する日本の作家さん

  • 2014.01.13 Monday
  • 23:16
久々のブログになってしまいました。すみません。今日はちょっと、海外の絵本について掘り下げてみたいと思います。

当店で扱っている海外絵本は、現地で出版されたものが中心なので、その国の作家さんのものが多くなっています。でも、よーく見ていただくと、日本人の作家さんのものもちらほら。

『ぐりとぐら』のように日本で出版されたものが、他言語に翻訳されているものもありますが、最初から海外で出版されるケースも結構あります。



こちらはイタリアで活躍されている刀根里衣さんの絵本。ボローニャのブックフェアで、あちこちのブースを覗いていると、オレンジ色の表紙が、ぱっと目に飛び込んできました。

ごった返すブース内ではじっくり読めず、1冊だけ購入して持ち帰ってきたわけですが、読んでみると・・・可愛らしい絵だけではない深い内容のもので衝撃を受けました。(『Questo posso farlo』の内容はリンクから参照ください。)

続く『Dove batte il cuore』も、愛や思いやりがテーマの素敵な作品。昨年秋に出版されたのは、ちょっと小さいサイズの『Cioccolate per te』

この最新作では、うさぎとカップの形をした小鳥が、とっておきのホットチョコレートを作ります。テキストも少なく、絵だけでも十分に楽しめる作りなので、ギフトなどにも良いかもしれませんね。



こちらの絵本は、たかはし のぞみさんの作品。はりねずみの何とも言えない愛らしさに目が釘付け。最初はフランスで、次いで韓国語で出版された作品は、日本語に訳すと『はりねずみのたまご』。温かみのあるイラストとほのぼのとしたストーリーが良い感じです。

この他にもたくさんの日本人作家さんが、海外で活躍されています。作品によっては、逆輸入(海外で出版されたものを日本の出版社が版権を購入し、翻訳出版する)というケースもあるようですが、これは何とも複雑な思いがします。

日本で先に出版して、海外に広まっていくのが理想的な感じもしますが、欧米の翻訳絵本が多い日本では難しいのでしょうかね。

「日本の絵本の出版社には、国内の作家を育てる力がないのか」と、言われることもよくあるようですが、実際はもう少し別な理由があるような気がします。

作品によっては、海外でのほうが受け入れ易い作風もあるのではないか、という理由です。何度も引き合いに出して申し訳なのですが、『ぐりとぐら』などは、欧米の人から見ると、白地の多い背景が寂しく見えるらしいんですよね。

でもまあ何より大事なのは、作家の方々が、良い編集者(国内外問わず)と巡り会えて、ベストな形で絵本が出版されることだと思います。

書店である私は、ここで紹介するくらいしかできないけれど、応援しています!どこでどんな絵本に出会えるか、今年も本当に楽しみです。

アラビア語絵本についての悩み

  • 2013.09.21 Saturday
  • 21:58
3連休、皆さまいかがお過ごしですか。私は部屋の片付けでもしながら、のんびりしようかと思っていたところです。・・・が、さっき思いついたことがあって、いきなり仕事モードに突入。はっと気づけばこんな時間。そういうわけで今日のブログは、お店の商品のお話です。

アラビア語とペルシャ語。学んでいる方にとって、その違いは歴然のようですが、そうでない人にとっては、どちらも同じように見えますよね。

お店では両方の言語とも扱っていますが、実はアラビア語絵本の選書のほうが難しいんです。というのも、比べてみるとわかるのですが、ペルシャ語絵本のほうが、良さそうに見えるものが多くありませんか?

実際のところ、日本人の私たちから見て、魅かれるものが多いのはペルシャ語絵本のほうだと思います。欧米の翻訳絵本などで私たちの目も肥えている、というのも理由の一つですが、エキゾチックなイメージが先行しているのではないかな、と思うんです。



上の3点は、アラビア語オリジナルの絵本です(後日、商品としてアップします)。なるべく面白そうなものを選んでみたのですが、絵については、良く言えば素朴で味がある、悪くいうと・・・あまり日本人好みではない。

でも、実際に現地で読まれているのは、このような雰囲気の絵本。道徳的な内容を含んだ素朴なお話が多いようです。正直言って、より現地の文化に触れたいという人にこそ、読んでもらいたい本たちです。



続いての3点はアラビア語だけれど、他言語からの翻訳ものになります。一番手前の絵本などは、日本でも出版されているから、なんとなく馴染みがありますよね。

調べてみると、様々な国の絵本をアラビア語で翻訳出版していることに気づき、驚くことが多いんです。英語はもちろん、ノルウェーやドイツまで。先の3冊だけを見ると、アラビア語圏だけで完結しているように思えてしまうのですが、そんなことはありません。

むしろ、日本では翻訳出版されていないものほど出版されているような気がします。感性の違いなのでしょうかね。アラビア語の絵本から、オリジナルの絵本の存在を知ったということもあり、なかなか侮れないのです。



最後の2点は、アラビア語オリジナルの絵本。同じアラビア語圏の絵本でも、最初の3冊とはまるでイメージが違いますよね。このような芸術性が高い絵本は、あまりありません。(あれば、たくさん紹介したいです!)

著者兼版元主催者の方の意気込みを感じます。以前は連絡がとれたのですが、ここ数年は音信不通。今も健在で新作を出してくれていたらいいのですが・・・。

長々と書いてしまいましたが、一言でいうと、日本人のイメージしているようなエキゾチックなアラビア語絵本というのは、なかなかないものなんです。
なので、その辺りを踏まえたうえで、それぞれのアラビア語絵本を楽しんでもらえたらなあ、と思っています。

おそらく、アラビア語に興味ある方なら読みたいと思うアラビアンナイト(千夜一夜物語)。長編ならあるのは知っていますが、絵本ではう〜む・・・。こちらは目下の課題ですね。見つけたら掲載しますので、またお店を覗いてもらえたらうれしいです。

『商人とオウム』ペルシャのおはなし

  • 2013.09.15 Sunday
  • 21:22
このところ良い意味で忙しく、すっかりブログがご無沙汰してしまいました。来週からはちゃんとペースを戻して行きます。

いつも欧米のお話が多いので、今日は中東、ペルシャのお話です。



昔々のお話です。ペルシャのお金持ちの商人は、言葉も歌も達者なオウムを飼っていました。このオウムの評判で、お店も大繁盛。商人にとっては絶対に手放したくないオウムですが、オウムは故郷のインドに帰りたくて仕方ありません。

ある時、商人は、インドへ商品買い付けの旅へ出かけます。家族からは絹や宝石のお土産のリクエスト。オウムはお土産の代わりに、森にいる仲間のオウムへ言付けを頼みます。「みんなともう一度、空を飛びたいが、今はカゴの中にいる」と。

インドに着いた商人は、お店の品物やお土産をたっぷり買い込みます。帰り道に森の中を通ると、そこにはたくさんのオウムたち。早速、呼びかけると、オウムたちは集まってきました。

オウムからのメッセージを商人は伝えます。じっと聞き入るオウムたち。そして商人が伝え終わった瞬間、驚きの出来事が・・・。

オウムが一羽また一羽と、枝から落ちて、ぴくりとも動かなくなったのです。商人からしたら、不気味な出来事で後味が悪いですよね。オウムたちをそのままに彼は家路につきます。

気は進まないながらも、インドのオウムたちとの出来事を、カゴの中のオウムに話した商人。聞き終えたオウムにも、なんと同じ出来事が起こります。

あんまり種明かしをしてしまうと面白くないのですが、仲間のオウムたちが、体を張って伝えたかったメッセージは「死んだふり」。死んだと思ったオウムを、普通なら人はどうするでしょう?

まずはカゴから出して、様子を確かめようとしますよね。この後は想像がつくと思いますが、オウムにとってはハッピーエンドとなるお話です。

このお話は、ペルシャの有名な詩人、ジャラール・ウッディーン・ルーミーの詩をもとに作られたものです。この絵本は、現代の作家が再話して、英語圏で出版されたもの。それの日本語版です。

イランでは同じお話が、このような版で出ています。全くイメージが違いますが、いかにもペルシャっぽいですね。



こちらのものは、かなりレトロなイラストで綴られています。ティーハウススタイルというイランの古い絵画手法です。

お話を絵にして、ティーハウスの壁にずらりと描いたというと、わかりやすいでしょうか。充分に美しい絵だと思うのですが、こういう場所に描く絵師は、宮廷で活躍するような絵師ではない立場だったようで、少し寂しさも感じます。

ご興味のある方は、ペルシャ語版はお店でも扱っていますので、こちらからどうぞ。

*『商人とオウム』
ミーナ・ジャバアービン(作) ブルース・ホワットリー(絵)
青山 南(訳)
光村教育図書(2012年刊行)

*The Merchant and the Parrot
Author: Marjan Fouladvand
Illustrator: Ahmad Khalili

『Daddy Long Legs あしながおじさん』ほか 韓国語版

  • 2013.05.11 Saturday
  • 21:55
先日お客様からのご依頼で、「世界の名作」の韓国語版を探す機会がありました。私自身は韓国ドラマはほとんど見ないのですが、あるドラマ(シークレット・ガーデン?)では『不思議の国のアリス』がモチーフとして使われているようですね。

そちらもご用意してみましたが、その時、こんな作品も見つけたので、今日はこちらを紹介します。



赤い表紙のものは『赤毛のアン』。黄色い表紙のは『あしながおじさん』です。ぱっと見は、ちょっとアニメっぽいかもと思ったのですが、それぞれ見ていくと絶妙なさじ加減で描かれていて、嫌みじゃない。イメージがより広がって、作品の良さを引き立てている感じです。

孤児院を出た主人公が、自分の人生を歩み始める点は、2作品に共通しているところですね。最近知ったのですが、赤毛のアンを読んだことはあっても、あしながおじさんを読んだ人は意外と少ないみたいなんですよね。



読まれている方はご存知だと思いますが、『あしながおじさん』は児童文学であっても、恋愛小説の要素が色濃く出ています。

初めて読んだ時は、主人公ジュディの心情(孤児であるから、ルームメイトの家族の話をうらやましく思ってしまう、など)のほうが気になるのですが、忘れた頃に2度、3度と読み返すと・・・

おじさまが、あの手この手で悪い虫を寄せ付けないようにしていたり、夏休みなどはジュディを独占しようと画策しているのが、よくわかります。

最後の最後に、ジュディは身近にいた存在が、実はおじさまだったことに気づくわけですが、ここでネタばれしたとしても、充分に楽しめますので、ぜひご一読を。

韓国版の『赤毛のアン』と『あしながおじさん』、『不思議の国のアリス』はこのリンクからどうぞ。

*『あしながおじさん』
ジーン・ウェブスター(作) 松本 恵子(訳)
新潮文庫(1954年刊行)

『Gord Afarid ゴルドアーファリード』アリアクバール・サーデギー(画)

  • 2013.03.02 Saturday
  • 23:46
今日は、日本ではあまり馴染みのないイランの絵本に注目してみようと思います。力強いタッチと独特な色合いに魅かれて仕入れてみました。とても個性的ですよね。



この絵本は、10〜11世紀に書かれた「シャー・ナーメ(王書)』という叙事詩の中のエピソードの一つ。私はペルシア語に詳しいわけではないので、いくつか訳書を読んでみた次第です。

ペルシアの神話の流れの中でも、天地創造を中心に語られる時代、王が国造りを始める時代などがあるようです。『王書』は後者の、王が国を治める時代や、その後の英雄時代が描かれています。

『王書』の中でも有名なエピソードが、英雄時代にあたる「ロスタムとソフラーブ」の伝説です。父・ロスタムと息子・ソフラーブが、様々な事情が重なって、親子で戦うことになってしまいます。そして、お互いに肉親とはわからないまま、ロスタムがソフラーブを倒してしまうという悲劇。

その親子対決に赴く際に、ソフラーブはある砦で戦いをするのですが、そこに出てくる若くて強い戦士が、ゴルドアーファリード。実は女性の戦士です。ここでのエピソードが、上記の絵本になっています。強いだけでなく機転が効くところも魅力的。

詳しい内容は、こちらをどうぞ



先の絵本を仕入れた時に、どこかで似た雰囲気の絵本を日本語で見たことがある、と思いましたら、これでした。同じ画家の作品『勇者プーリア』です。

『王書』の中のお話ではありませんが、プーリアの伝説も、王書が書かれた地域のものだそうで、あわせて読むと面白いかもしれません。

誉れ高い勇者プーリアは、年老いてもなお強く、若者たちは打ち負かして名誉を手に入れようと躍起です。プーリアは若者たちを負かして恥をかかせることをしたくないのですが、わざと負けることもしたくない。

ある若者との対戦(レスリングのような試合)で、最後はプーリアが負けるのですが、その引き際と対戦までのエピソードに、彼の人間性が表れています。

「ゴルドアーファリード」のペルシャ語版と、「勇者プーリア」のペルシャ語/英語のバイリンガル版は、お店にございます。

*『Gord Afarid』Illustrated by AliAkbar Sadeghi

*『勇者プーリア』
アリーアクバール・サーデギー(画) 黒柳 恒男(訳)
ほるぷ出版(1979年刊行)

『あずきがゆばあさんとトラ』韓国の昔話

  • 2012.12.21 Friday
  • 22:35
今日は冬至。皆さん、かぼちゃは食べられました? 私は本当に料理が苦手なんですが、煮るだけなのでチャレンジ。まあまあ良くできました。日本の冬至には「かぼちゃ」と「ゆず湯」。でも、お隣の韓国では「あずきがゆ」なんだそうです。



今回紹介する『あずきがゆばあさんとトラ』は、韓国では有名な昔話。トラがよく登場するのが、韓国の昔話の特徴のようですよ。

ある夏の日、おばあさんが小豆畑で野良作業をしていると、トラが出てきておばあさんを食べようとします。

秋になって、あずきがゆを食べてからにして欲しいとおばあさんが懇願すると、トラは願いを聞き入れて、その時は帰っていきます。

とうとう小豆が実り、鍋いっぱいに粥をつくるおばあさん。もうすぐ食べられてしまうと思うと悲しくて、泣きながら鍋をかき混ぜます。

そうしていると、身の回りにある物たちが出てきて、「あずきがゆを一杯食べさせてくれたら助けてあげる。」といいます。カメに糞、臼にきり、むしろにしょいこ。

カメは水瓶に隠れ、糞は土間に寝そべり、臼は戸口の上で待ち構えます。とここまで書くと、何となく何かのお話に似てませんか?実は、日本の「さるかに」昔話にそっくりなんです。最後にもちろん、トラはやっつけられてハッピーエンド。

現地ではいろいろな版がでていて、登場する物たちも、ほんのちょっと違いますが、大筋は同じです。

お店では、写真(手前)のものを扱っています。こちらです。
別の版のものも、お取り寄せ可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

*『あずきがゆばあさんとトラ』
チョ・ホサン(文) ユン・ミスク(絵) おおたけ きよみ(訳)
アートン(2004年刊行)

『The Mousehole Cat ネズミあなのネコの物語』Antonia Barber

  • 2012.12.02 Sunday
  • 23:04
日本でもなかなか読めない地名ってありますよね。海外でも同じです。
「Mousehole」はマウスホールで間違いではないのですが、発音は「マーゾル」でないと通じないという具合です。



コーンウォールにたくさんある港町でも、ちょっとした観光地になっているのが、マーゾルの港。防波堤のすき間が、とても狭くてネズミあなみたいなことからつけられた地名です。St.Ives(セント・アイブス)よりはこぢんまりしたところで、町並みも素敵です。

今日の絵本は、この港町を救ったとされるネコのお話です。
嵐が続いたある冬、漁に出られず皆は食べ物に困ってしましいます。年老いた漁師のおじいさんは、皆のために漁に出て行きます。飼い猫のネコのマウザーと一緒に、たった一隻で。

大ネコが暴れているような嵐を、マウザーの不思議な鳴き声が鎮め、たくさんのいわしと共におじいさんは港へ無事に帰り着く、というストーリー。



ちょうどその街で出会ったネコは、絵本に登場していたマウザーにそっくり。気持ち良さそうに日向ぼっこ中でした。

こちらの原書(英語)はお店でも扱っています。こちらからどうぞ。

『Ayna asabi'i 私の指はどこ?』Nadine Touma

  • 2012.10.15 Monday
  • 21:47
レバノンから届いた絵本が、今度は日本からパレスチナへ旅立っていきました。
なんのこっちゃ、と思いますよね。事の次第はこんな具合です。



当店で扱っているこのアラビア語の絵本は、レバノンのもの。先日この絵本を購入してくださったお客様は、パレスチナでのボランティアを10年以上行っている方でした。

今回の活動では、この絵本をを元に紙芝居を作り、パレスチナの難民キャンプで、子供たちに披露されたとのこと。そして絵本と紙芝居は、子供たちにプレゼントされました。

そうしたご報告も兼ねて、わざわざお礼のメールまでくださって、私もとてもうれしかったです。私は本を仕入れたにすぎませんが、思いがけないところで絵本が役に立つのだなあ、としみじみ思ってしまいました。

こちらがお客様が所属されているNGO 日本国際ボランティアセンターのレポートページです。現地の子供たちの様子に、なんだかあたたかい気持ちになりました。

http://www.ngo-jvc.net/jp/projects/palestine-report/2012/10/20121005palestine.html

同じアラビア語圏の絵本なら、現地での方が手に入りやすいのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、パレスチナの現状は、レポートからも窺えるようにとても複雑な状況です。

Tさんのように気概ある活動は、なかなか真似できませんが、ちょっと心に留めてニュースを見てみたり、イベントに参加してみたり、できることから始めてもいいかもしれません。

『Ayna asabi'i 私の指はどこ?』の内容はこちら

『Hansel and Gretel ヘンゼルとグレーテル』Sybille Schenker

  • 2012.09.25 Tuesday
  • 22:36
今日は何の絵本を紹介しよう・・・と考えていたのですが、ピンとくるものがなく困ってしまいました。本棚にはいろいろあるのに、どうも今ひとつ。

「絵本」を幅広く紹介したい、という趣旨で書いているブログなので、商品紹介は極力避けているのですが、今回はあえて、イチオシの商品紹介です。

グリム童話の『ヘンゼルとグレーテル』。道に迷った2人が見つけたお菓子の家は、魔女の家だった、というあの話です。

一目惚れして仕入れたこの絵本。表紙だけでは中身がわかりにくいのですよ。
著作権のこともあるので、中身を画像で載せるのは気が引けますし・・・。



真っ黒な表紙だと思ったら、左下に「リス」がいる。中は色鮮やかな切り絵の世界。下記URLは出版元が公開している内容です。全ページ見れますので、まずは一読。

http://www.minedition.com/de/book_detail.php?id=193

どなたかに買ってもらえるのはうれしいけれど、売れなかったら自分のもの? なんて思ってしまうくらい素敵な絵本です。

*『Hansel and Gretel』
Sybille Schenker (Published by Minedition)

商品ページはこちら
http://www.lupinusbooks.com/?pid=48701345

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

お店はこちら

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM