『ながい よるの おつきさま』シンシア・ライラント/マーク・シーゲル

  • 2013.09.07 Saturday
  • 20:27
今週は少々ばたばたしてまして、ブログが滞っておりました。すみません。今日の絵本のテーマはお月さま。お月見にはまだ早いですが(今年は9月19日が十五夜です)、こんな絵本もあるんです。



アメリカ先住民は、毎月の満月に名前をつけていたそうです。1月はあらしのお月さま(Stormy Moon)、3月はよつゆのお月さま(Sap Moon)、そして6月はいちごのお月さま(Strawberry Moon)。

なんとも粋な愛で方だと思いませんか。言われてみると確かに、季節ごとの月の表情は違いますよね。

日本でも、春の夜は朧月夜なんていう呼び名もあるくらい、柔らかい表情。寒い夜には澄んだ空気のせいで、冷たく輝いているようにも見えます。

それぞれの満月を、絵で綴ったのが今回の絵本です。正直、地味な印象の本ですが、絵本を読むと、ちょっと月を眺めてみようかな、という気になります。

お話自体を楽しむというよりは、絵本によって日々の忙しさに気づかされ、はっとします。忙しさにかまけていると、毎日が同じに感じてしまいますよね。そんな時に読んでみると、心地よくスローダウンさせてくれる、そんな絵本です。

暑さも和らいできた今日この頃、リラックスして体調を整えたいものですね。

*『ながい よるの おつきさま』
シンシア・ライラント(作) マーク・シーゲル(絵)
渡辺 葉(訳)
講談社(2006年刊行)
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

お店はこちら

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM