怪我の功名で手帳術

  • 2013.09.26 Thursday
  • 22:28
お彼岸の三連休。絶好調と思っていた矢先にきた、突然の体調不良。ブログも充実させようと思っていたのに・・・。そんなわけで久々のブログになってしまいました。ごめんなさい。

いやあ、もうそんなに若くないからいけませんね。とはいえ、もう回復していますし、お店も通常通り営業してますので、ご来店は大歓迎です。あっ、今回はインフルエンザに罹ったとかそういうのではなく、単に私がへろへろになってしまっただけのことです。

商品をお送りする以上、そういう菌までついていってしまったら嫌ですもんね。これに関してはご安心ください。

今回思ったこと。家で仕事をしていると、オンとオフの区別がつきにくくなってしまって、気づけばずっとスイッチが入った状態でいたみたいです。こういうのは全くいただけませんね。いい仕事もできない、と反省です。

私の場合、アイデアが思いついたらすぐに試さずにはいられない性格なんですが、反面、気分が乗らないときは全く手を付けない・・・

オフィスや店舗に出勤する機会があれば、気分は知らずの内に切り替わるのでしょうが、そうでない場合は工夫しないと難しいもの。

そこで思いついたのが、スケジュール管理(今更かよっ!とは言わないで)を徹底、いや、もう少しちゃんとやる(くらいにしておこう)。

ちょうど手帳も来年のものが出てきたことだし、楽しんでやってみようかな、という次第。そもそも手帳については、分厚いのが苦手でマンスリー一辺倒でやってきた私。むしろ雑記帳のほうが重要で、こちらにはあれこれ書いています。

重要な予定なら書かずとも覚えているので、私からすれば、夫の分厚い手帳は謎の代物でした。一体そんなに何を書いているんだろう。(書いても時々忘れてることあるよね、意味あるの?なんて。)

でも、よく考えてみると、私に欠けているのは「時間割」の部分だから、これを何とかするには、手帳術に乗っかってみるのもいいかも、と思い始めたわけです。

そうなるともう、世の中のご多分に漏れず、どんな手帳にしようかな、ほぼ日?EDiT?などと楽しい悩みを満喫しております。(悩んでいる時間が無駄な気も・・・)

余談ですが、海外の手帳にはこんな変わった情報がついていたりするんです。

例えばフランス。某証券会社が配布した手帳を見ると、「とにかく夏はバカンス」の人たちの国らしく、エリアごとのバカンスシーズンがわかる一覧表がついています。住んでいるエリアによって、おおまかな休みの時期が決まっているようです。

さらに、過去30年間のワインの出来一覧までついていました。産地ごとに豊作だったか不作だったかなどがわかります。手帳に載せるほどワインは重要なんですね・・・。

そういえば昔、スウェーデンに旅行に行った時に、現地の手帳を意味もなく買ったことがありました。単なる黒いビジネス手帳だったのですが、掲載された情報が謎。

モールス信号に、ルーン文字一覧。なんか特殊な手帳を買ってしまったのだろうか、と不安になりました。結局使わず、無駄なことをしてしまいましたが。

海外の手帳の中身も面白いですが、種類がこんなにたくさんあるのは、日本ならではですよね。皆さんはどんなものをお使いですか?

・・・生活のリズムを整えるまで、ブログは少し頻度が落ちるかもしれませんが、続けてまいりますので、また覗いてみてください。
コメント
コメントする