『しろちゃんとはりちゃん』たしろ ちさと

  • 2013.12.04 Wednesday
  • 21:33
動物が出てくる絵本って、なんだかなごみますよね〜。しかも、うさぎとはりねずみという、ぐっとくる組み合わせ。一目でやられてしまいました。



うさぎのしろちゃんとはりねずみのはりちゃん。二人は一緒に暮らしています。好きなテレビ番組も好きな絵本も一緒。とっても気が合う二人なんです。でも、そんな二人にもある時危機が・・・

今日のご飯はカレーライス!二人ともそう思っていたところまではいいのですが・・・何のカレーにするかで意見は真っ二つ。エビカレーにたまごカレー。どちらも一歩も譲りません。

こうなってしまうと、さあ大変。けんかして、はりちゃんは家を出て行ってしまいました。一人残されたしろちゃんは「構うもんか」という感じで、家でごろごろ。でも、なんだか落ち着きません。

外では雪が降り始めたようです。不意にはりちゃんが心配になって、外にさがしにいくしろちゃん。崖から落ちちゃったらどうしよう。猟師に撃たれちゃったかも。それともオオカミに食べられちゃった!?

いろいろ妄想がふくらんで、とうとう泣き出してしまったしろちゃんのところに、はりちゃんが現れます。家に戻ったらいなかったから探しにきたんですって。

どちらもお互いが大事、と再認識して家路につく二人。お夕飯はもちろんカレーライス。エビもたまごも両方入ったカレーは、今までで一番美味しいカレーだったみたい。

シンプルだけど、ほのぼのしたストーリーは何度も読んでみたくなります。何より、たしろさんの絵が味わいがあって素敵です。しろちゃんの後ろ姿やはりちゃんのころっとした形は眺めていて飽きません。

おやつ時にこの絵本を読んでいたら、無性にカレーが食べたくなって、スーパーに行きがてら、パン屋さんでカレーパンを食べてしまいました。可愛くて美味しそうな絵本です。皆さんもお試しください。

*『しろちゃんとはりちゃん』
たしろ ちさと(作・絵)
ひかりのくに(2013年刊行)
コメント
コメントする