ずらっとズラタン

  • 2014.06.18 Wednesday
  • 21:32

サッカーW杯の開幕で、世の中盛り上がってますね〜。と話題を振ってみましたが、私自身は、モータースポーツほどに興味はなく(すみません)、ほとんど話がわからない・・・

そんな私のもとにやってきたのが、スウェーデンからのあるもの。先日、個人的に購入したものが、こんな形で発送されてきました。
 

 


郵便局で用意されている小包用の封筒だと思うのですが、鮮やかなグリーンがなんとも素敵!そして、それ以上に目をひくのが、たくさん貼られた切手たち。

W杯記念の特別切手で、どうやらスウェーデンのサッカー選手のよう。書いてあるのは名前かな、と思って見てみると・・・「ずらたん?」なんだかすごい名前。

 

 

 

 


読み方合ってる?と思って調べてみると、スウェーデンのズラタン・イブラヒモビッチ選手と判明。今回、スウェーデンは予選で敗退してしまったみたいですが、どこの国でも、応援に熱が入っているわ〜と感じた出来事。

ずらりと並んだズラタン切手は5種類あって、サッカーに興味のない私でも、このまま捨てるのはなんだか惜しい、という気分に。それなら、集めているところへ寄付しよう、と思い立ったはいいけれど・・・

「使用済み切手の回収」って、どういう流れで何に役に立つのか、いまいちわかってなかったんですよね。調べてみると、日本郵趣協会やキリスト教の各団体など、様々なところで回収事業を行っているようです。

回収された切手は、ボラティアの方々の手で仕分けされ、切手収集家の方々にまとめて販売されるとのこと。そこでの収益が、各団体のプロジェクトや寄付などに企てられると知って、なるほど、と思った次第。(これってもしかして一般常識なのかしら?)

少しだけれど、他にもとっておいた使用済み切手と一緒に送ろうと決めて一件落着、と思いきや、一つ問題が。

海外のパッケージ、可愛いものも多いのですが、クッション材付き封筒は要注意なんです。日本のようにエアーパッキンではなく、二重になった封筒の中には、どう見ても「ほこり」がつまっているんです。

よく見ると、新聞やわら半紙などを細かく粉砕したものとわかりますが、マスクなしでは作業できない・・・。このまま捨ててしまいたい気分に傾きつつ、明日あたり気合いを入れて切り取ります。