『少女ソフィアの夏』トーベ・ヤンソン

  • 2014.07.27 Sunday
  • 22:33

毎日暑いですね。今日は夏の読書におすすめな児童文学をご紹介。朝の涼しい時間に読書なんて優雅だな、と思いつつ、私自身は夜型からなかなか抜けれない・・・夏の虫が鳴いている夜だって悪くはないし、と言い訳しつつ・・・
まあ、どちらにしても、夏に読んで欲しい一冊です。
 

 


舞台はフィンランドの小島にある「夏の家」。主人公のソフィア(まだ10才にもなっていないくらい?)と、70才も年が離れたおばあさんのある夏の日々が描かれています。

お母さんをなくしたばかりのソフィアとお父さん、そしておばあちゃんが暮らす夏の家。様々な経験を通してちょっとずつ成長していくソフィア。

森へのちょっとした冒険にも、おばあちゃんはソフィアに付き合ってくれるし、いろいろ質問しても、おばあちゃんなりの回答で答えてくれます。

とはいえ、おばあちゃんとのやりとりは、穏やかなというよりは、お互いはっきり言い合っている感じ。それでも安心して読み進められるのは、愛情のうえに成り立ったやり取りだからかもしれませんね。

もう一つ、注目したいのは北欧の大自然。ムーミンシリーズでもそうですが、「大自然と人」というよりは、「大自然の中にいる人間、生き物」という視点で描かれていること。読んでみるとよくわかります。

原画展で見た絵でも、本の挿絵でも、登場人物が自然の中にぽつんと小さく描かれている絵が多いし、印象的です。人間は到底、自然にはかなわない、と改めて認識してしまうような・・・今回のお話は「島」が舞台ということもあって、よりダイレクトに自然の豊かさ、偉大さが伝わってきます。

あとがきを読むと、トーベさん本人の身内の方々が、登場人物のモデルとなっているよう。ご本人も、実際に島暮らしをしていた経験があるとのこと。リアルな描写には納得です。

日本の夏とはまた違った夏の日々。旅行に行けなくても、ちょっとした気分を味わえる作品です。ぜひ、ご一読を!


こちらの作品のスウェーデン語版(原書)はお店でも扱っています。
こちらからどうぞ。

*『少女ソフィアの夏』
トーベ・ヤンソン(著) 渡部 翠(訳)
講談社(1993年刊行)