『クリスマスのおかいもの』たしろ ちさと

  • 2014.12.14 Sunday
  • 14:19

どういうわけか、今年はちっともクリスマス気分になれなくて、少しさみしい。まあ、浮かれる年齢でもないわけですが・・・街の華やかな雰囲気が、ばたばたの選挙戦やら前倒しのセールなどで、以前のものとは異なってきている気がしませんか?

冬のセールと言えば、初売り以降が定番だったのに、今や12月どころか11月下旬くらいから始まっているようです。こうなると、いつ買っていいかわからないですよね。もっと言うと、セール期間でない時はいつ?という感じもします。

消費者的にはお得に買えてありがたいのですが、メリハリがなくなってしまっているのも事実。(小売業の厳しさは、重々承知で、気持ちはわかる)前置きが長くなってしまいましたが、クリスマス前の楽しい気分が味わえる絵本を、ご紹介します。
 

 


もみのきマンションに住むのは、うさぎのはなちゃん、きつねのこんくん、あひるのがあおくん、りすのりすこちゃん。クリスマスには1階に住むはなちゃんのいえで、みんなでパーティーです。

今日は、クリスマスイブということで、街にみんなで買い出しに。こんくんは何やら準備で忙しく、お留守番です。

いろいろなお店がいっぱいの商店街には、たくさんのお客さん。町並みはちょっとヨーロッパ風。なのに、お店の名前や、棚に並んだ品物の名前はみんな日本語で、これがまたぐっとくる。思わず隅々まで見てしまいますよ。子どもたちはこういうの、きっと好きです。

3人はそれぞれ思い思いのものを買うわけですが、これまた個性が出ています。手作りのケーキを作るために材料を買ったはなちゃん。一人一人の趣味にあった絵本を選んだりすこちゃん。高級店でお小遣いをはたいて、みんなのくつ下を買ったのはがあおくん。こんくんは自作の品をプレゼント。

どのプレゼントが一番か、なんていうのはナンセンス。相手を思って選んだプレゼントはどれも素敵です。

そうそう、クリスマスといえば、欠かせないのはクリスマスツリー。街に出た3人が並んで買ってきたきらきら飾りは、いったいどんなふうに飾り付けられたんでしょう?4人が住む「もみのきマンション」から想像してみてくださいね。

*『クリスマスのおかいもの』
たしろ ちさと(作)
講談社(2009年刊行)