『世界のともだち』全36巻

  • 2016.05.12 Thursday
  • 17:14
大変ご無沙汰しておりました。今年に入ってから、お店の他にも仕事をしているので、どうしてもブログや諸々が後回しになってしまっていました。少しずつペースを作っていこうと思います。

ところで、皆さんは旅行が好きですか?お店を覗いてくださる方は、外国語や異文化に興味がある方だと思うので、きっとその地に行ったことがある、または行きたいという気持ちがあるに違いないと、想像してるのですが・・・もちろん私も例外ではなく、ガイドブックなど見て、あれこれ計画を立てるのが大好きです。
今回は、ガイドブックとは一味違う、素敵な絵本を読んでみました。
 


「世界のともだち」というシリーズで刊行されている絵本なのですが、これがなかなかすごい!各国別に、ある一家に密着して時間をかけて取材しているんですね。主人公になるのは、それぞれの家族の中で、10才前後の子どもたち。彼らの目を通してみる日常は、ガイドブックよりもリアルで新鮮。

今回、図書館から借りてきたのは(最近、洋書ばかり買って、和書を買っていないなあ。ごめんなさい。)、ヨーロッパ圏の4冊。フランス、イタリア、ドイツ、イギリス。アジアから見たら、ヨーロッパの学校の仕組みなんて似たりよったりでは?と思っていたのですが、これもかなり違う。制服の有無、お昼はしっかり食べる or 適当、通学は週4日もあれば週6日という国も・・・驚くことばかりです。

でも、どの国の子どもたちも、友達と遊ぶ時、大好きなことをしている時の目はきらきら輝いていて、見ているこちらも楽しくなってしまいます。彼らのご両親はというと、様々な職業で、これもまた興味深い。そして、それぞれに事情を抱えていて、複雑な状況も実際にはあるのです。

現地に行ったこともなく、子どもたちに直接会ったこともないのに、なぜか近くに感じてしまうのは、各巻とも写真家の方々が、長い時間をかけて取材、撮影しているからでしょう。彼らが、被写体となる家族と信頼関係を築いているから、こういう不思議な印象が、本を通して伝わってくるのだと思います。

写真家の方々のあとがきも、面白さの一つ。そこで違った側面を知り、より深く心に響いてくる。図鑑や地理の絵本は、お話に比べ、馴染みがないかもしれませんが、質の高い絵本、結構あります!次は同シリーズのアジアの国々を読んでみよう。

*『世界のともだち』
偕成社(2014〜2016年刊行)
コメント
コメントする