『いえでを したく なったので』リーゼル・モーク・スコーペン

  • 2016.07.18 Monday
  • 23:03

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

今週末から、隣の公園でラジオ体操が始まったみたいで、朝早くから賑やかです。ということは、子供たちは夏休みに突入ということですね。羨ましい・・・

 

田舎で育ったので、夏休みは一日中、外で遊んでいた気がしますが、今の子供たちはどんな感じでしょう。今回の絵本はこちら。原書は1960年代に出版されているので(うーん、結構昔ですね。)、もっと自然が豊かで、外遊びが基本だった頃ですよね。兄弟4人が訳あって、家出してしまいます。

 

 

一体何があったのかな、と様子を覗いてみると・・・どうやら、お父さんとお母さんが仲違い。原因はもしかしたら、いたずらっ子の4兄弟かもしれないけれど、とにかく、いやーな雰囲気。家に居たくないから、家出しちゃおう、というわけです。

 

きっと本人たちは大真面目なんだけれど、読んでいる方は、ピクニックに行くような感じでワクワクしてしまう。彼らの目的地は大きな木。そこには素敵なツリーハウスがあるんですから、最適です。でも・・・そこで思わぬトラブルが!彼らは、別の家出先を目指さなくてはなりませんでした。

 

次にやってきたのは、睡蓮が浮かぶ素敵な池。さあ、今度こそ!と思いきや、ここでも問題勃発です。と、点々と場所を変えていくのですが、やっぱりおうちが一番というハッピーエンド(皆さんも、想像はついていたとは思いますが)。行く先々で出会うもの、拾ったものというのは、他愛もないものなのだけど、子供心には特別なもの。

 

表向きは「家出」でも、本当のところは「子供だけの冒険」。今の子供たちも、夏休みならではの体験をしてほしいな、と思います。

あっ、こちらの絵本の中身はモノクロです。繊細なペン画が味わい深いですよ。

 

*『いえでを したく なったので』 
リーゼル・モーク・スコーペン(作) 
ドリス・バーン(絵) 
松井 るり子(訳) 
ほるぷ出版(2014年刊行)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

お店はこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM