ちょっと戸惑うスペイン語圏のニックネーム

  • 2017.01.03 Tuesday
  • 22:37

あけましておめでとうございます。

 

この半年、ブログがすっかりほったらかしになってしまっておりました。新年になったことですし、今年はもう少し計画的にお店の方を展開してまいります。

 

年明けにぴったり!という話題ではないのですが、年末年始に海外の知人のSNSやら、スペインの放送局のサイトやらを見ていて思ったのは、名前の呼び名(ニックネーム)には、お国柄が出るのだなあ、ということ。

 

英語圏の方々のニックネームは、想像がつくものが多い印象ですが、スペイン語圏の場合だと、同じ名前でもバリエーションが多いというか、なんというか・・・日本人的には予想を超えてくることが多い気が・・・

 

 


アンダルシア地方・フリヒリアーナの街並み

 

 

例えば、フランシスコ(Francisco)という名前。すごく一般的な名前なんでしょう。私も知っているだけで数人はいます。この名前の一般的な愛称は、パコ(Paco)になり、実際によく聞きます。これをまたちょっと変えたパキート(Paquito)というのもあるらしく、まあ、ここまでは想像の範囲内。そしてもう一つ、パンチョ(Pancho)というのもあるらしい。

 

フランシスコ=パンチョ、というのが、自分の中では受け入れ難く・・・なぜって、英語で言ったらフランシス(Francis)なわけで、個人的には上品なイメージなんですよね。でも、パンチョとなったとたんに、肉屋や八百屋にいる気のいいおじさん(ちょっと小太りの)をイメージしてしまうのは、私だけでしょうか。

 

他にも、ホセ(Jose)がぺぺ(Pepe)になったり(もう十分に短い名前なのに、なぜ言い変える必要があるのだろう)、ホセマリア(Jose Maria)がチェマ(Chema)になったり(長くて呼びにくいなら、最初から短くすればいいのに)など、いろいろある様子。

 

ちなみに、現在のローマ法皇の名前はフランシスコですが、Padre(英語だとFather) Franciscoを、上記の法則に従って短くしてみると、Papa Pacoになってしまう・・・なんだか、昨年流行ったPPAPっぽくて、複雑な気分。でも、日本のキラキラネームの方が、想像以上のものがありそうで、他国のニックネームをつつくのはこれくらいにしておきましょう。

 

他の言語では、どんな感じが知りたいものですね。

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

お店はこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM