『まどのむこう』チャールズ・キーピング

  • 2015.08.11 Tuesday
  • 16:34

図書館の棚をうろうろしてましたら、なんだかとてもインパクトのある絵本が目に留まりました。

 

 


主人公はジェコブという男の子。小学生でいうと低学年くらいでしょうか。彼の知っている世界はアパートの前の通りだけ。この通りが彼の世界の全てです。

描かれているのは2階の窓から見ていたある日の出来事なのですが、予想外の展開に唖然としてしまいました。子ども向けにしては容赦のない話の展開。世の中で起こる出来事は、時としてむごいこともあるという事実をはっきりと伝えています。

カーテンの隙間からのぞくジェコブの目(表紙がまさにその状況)。通りの真向かい、斜め右に斜め左のお店。限られた視界から見える建物の描写は、映画のカメラワークのよう。ジェコブのおでこに映り込んだ十字架は、何かしらと思ったら、お向かいの教会の十字架の影という具合に、細部まで描かれています。

近所の住人たちが通りを行き交い、のんびりとお話が進むと思いきや、状況は一変。暴れ馬が通りを走っていきます。この馬たちの躍動感もすごい!その後、馬たちはなんとか取り押さえられ、やれやれといった感じですが、どうやら馬たちは何か事件を起こしていったようです。

カーテンの隙間からでは、事件の全容がわからないし、外の声も聞こえません。お向かいのおばあさんの犬に何かあったよう・・・でも、はっきりと何があったかは描かれていません。それでも読者には想像がつきます。ジェコブも本当は気づいているのではないか、と思うのですが、そこもあやふやなまま。

作品の解釈は人それぞれと思うのですが、「2階の安全な部屋、部分的にしか見えないカーテンの隙間」は、怖いもの、受け入れ難いものから逃げてしまう「心」なのではないかな、と思いました。誰しも持っているもので、大人になったからなくなるという気持ちではないと思うけれど、生きていれば、辛くても真正面から対峙しなくてはいけない出来事もあるはず。

すごく楽しいお話ではないですが、印象に残る本なのは確かです。この独特なタッチ、何か見覚えが・・・と思っていたら、子どもの頃に持っていた『めすのこやぎとおそろしいいぬ』という、これまた子どもには強烈すぎる内容の絵本を描かれた作家さんであることに気づきました。

子やぎが逞しく生きていく様を描いた作品なのですが、物語の一番の部分は、かつて母やぎを倒した犬との対決シーン。正直言って怖い。子どもの時、とにかく絵が怖くて、本棚の隅っこに押し込んで、できるだけ触らないようにしていました(谷川俊太郎さんの『なおみ』と同じくすみっこに。これも違う意味で怖かった)。

大人になれば名著と理解できても、子どもには少々刺激が強いんです。もったいない!でも、伝えたいメッセージはとても大切なこと。作者のぶれない姿勢は素晴らしいです。

*『まどのむこう』
チャールズ・キーピング(作)
いのくま ようこ(訳)
らくだ出版

 

『えんにち』五十嵐 豊子

  • 2015.07.24 Friday
  • 14:36
今週末あたり、「地元は夏祭り」という方も多いのではないでしょうか。私の地元(真岡市)でも今日、明日とお祭りです。明日は花火大会(こんな小さな町でも、なんと2万発は上がるのです!)なので、中心部はかなりの人出に違いなく・・・
人混みを避けたいというのもあるのですが、自宅から100mほど歩いた川沿いが意外にもベストスポット。

今でこそ、「花火は遠くから眺めればいいかな」という考えですが、小・中学生の頃といえば、屋台が何よりの楽しみ。ということで、今日の絵本はこちら。図書館で見つけましたよ。

 


文字なし絵本なのですが、ひたすら屋台にフォーカスして描かれた絵本!しかも、ちょっと、いやだいぶ昔に出版されたものなので、ある世代には「懐かしい!」と思うものもあれば、今の子どもたちには「これ何?」いうものも・・・それでも、今も健在の屋台(焼きそばやあんずあめ、たこやきなど)を見ると、屋台ならではの良さを再認識。

ところで、この辺りの地域では、夏の屋台というと必ずと言っていいほど見かけるのが「煮いか」の屋台。「いかやき」ではないですよ、煮たイカなんです。それも1店だけではなく、複数の煮いかやさんが出店しているんですよね。東京や他地域に住んだ後に、これは地元ならではのものなんだと気づきました。海なし県なのに、どうしてイカなのかは謎ですが・・・

もう一つ思い出したのが、小学校の運動会の日。私の子どもの頃は、どういうわけか校庭の中にずらっと屋台が並んでいたものです。お昼時と放課後しか買ってはいけない決まりでしたが、これもまた、他県出身の友人に話すと驚かれます。「校庭に屋台、あり得ない」らしいです。昔はいろんな意味でゆるかったんでしょうね。

皆さんの地域ではどんな屋台がありますか?

*『えんにち』
五十嵐 豊子(作)
福音館書店(1973年刊行)

転居に伴うお知らせ

  • 2015.07.24 Friday
  • 11:19

皆様、大変ご無沙汰しております。暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

ブログは4ヶ月ぶりとなってしまいました。商品についてもこの数ヶ月はあまり掲載できず、心苦しい状況が続いておりましたが、ようやく生活のリズムも整ってきましたので、少しずつですが進めて参ります。

7月上旬に埼玉県朝霞市から栃木県真岡市に転居いたしました。ウェブショップですので、お店の所在地をあまり気にされる方はいらっしゃらないかもしれませんが、念のためお知らせいたします。

発送からお届けまでの日数は、これまでと変わらない状況です。お電話でのお問い合わせは、しばらくはウェブ掲載の携帯電話までお願いいたします。お店の問い合わせ先が携帯番号ですと、不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これまでどおり、きちんと対応させていただきますので、ご安心ください。
メールアドレスは変わりませんので、何かご不明な点などございましたら、ショップページ右上の「お問い合わせ」からお願いいたします。

『うみべのまちのタッソー』ウィリアム・パパス

  • 2015.03.01 Sunday
  • 21:46

長い間ご無沙汰しておりました。あっという間に3月ですね。まだまだ寒い日は続きますが、ちょっとでもぱっとした気分になれたらな、というわけで、ギリシャが舞台のこんな絵本を取り上げてみました。
 

 


水彩画の色合いも素敵ですが、生き生きとした雰囲気が伝わってくる筆遣いも必見です。人物の描き方も独特で、異国情緒もたっぷりです。

ギリシャの海辺のまちに住むタッソーとアテナは猟師のおとうさんと三人暮らし。貧しいため、兄妹二人は夏休みには食堂で働いているのですが、お兄さんのタッソーはそこでブズキという楽器(マンドリンっぽい?)弾き、妹のアテナは食事を運ぶ係をしています。

タッソーはかなり上手な弾き手で、食堂のお客さんは大喜び。みんなダンスが好きなので、音楽にあわせて飛んだりはねたり。

いつまでも踊っていたいお客さんたちですが、タッソーだって何時間も弾き続けることはできません。タッソーがこれ以上弾けなくなると、お客さんたちも帰り始めます。

食堂のおやじさんには、これはとても悔しいこと。何かいい方法はないかと考えたのが、当時は最新鋭のジュークボックス。

疲れ知らずのジュークボックスは、物珍しさもあって大人気。お客さんもおやじさんも大満足です。途端にお払い箱になってしまったタッソーはがっかりです。

その後の食堂はどうでしょう。一日中鳴り響く音楽にお客さんも町の人々も辟易しています。意に介さないのはおやじさんだけという感じ・・・

お客が来なくなった食堂には、アテナの仕事ももうありません。泣く泣く帰ってきたアテナが見つけたのは、久しぶりに目にしたタッソーの楽器でした。久々にタッソーが弾いてみると、近所の人たちが、一人またひとりと外に出てきました。

いつもの町に戻り、みんな満足。ジュークボックスのその後はちょっと哀れですが、最後はハッピーエンドのお話です。

50年くらい前に書かれた絵本ですが、情報過多で便利な現代にも通じる内容です。残念ながらもう絶版の絵本なので、図書館か古本での入手となるようです。

*『うみべのまちのタッソー』
ウィリアム・タッソー(文・絵)
じんぐう てるお(訳)
らくだ出版(1962年刊行)

 

『クリスマスってなあに?』ジョーン・G・ロビンソン

  • 2014.12.20 Saturday
  • 16:26

外国の人と話していると、日本のクリスマスはやっぱり不思議に見えるそうで・・・まあ、確かに。否定はしません。なんで七面鳥でなくフライドチキンなのかとか、クリスマスイブはどうして彼氏と彼女のものなのかなど、聞かれても言葉につまる・・・

外国の文化をいいとこ取りしてしまうのは、節操がないのかもしれないけど、新しもの好きで、外からのものを受け入れられる柔軟性は、ある意味で長所。例えばレストラン。イタリアン、中華、フレンチなどなど、こんなに各国の料理を食べられる国はないのでは?

と、日本人の立場を擁護しつつも、クリスマスやハロウィーンに関しては、まだまだ分が悪いのも事実。今日の絵本は、タイトルずばりの内容です。でもとってもおしゃれな絵本ですよ。子どもから、こんな質問されても、読んでおけば困らないかも?
 

 


ベツレヘムに向けて旅をするヨセフとマリア。旅の途中、宿屋はいっぱいで馬小屋に泊まることになった二人。その晩に馬小屋で生まれたのがイエス様というわけです。羊飼い、三人の賢者など、クリスマスの成り立ちがさらりと書かれています。

ここから先は、クリスマスの準備など、わくわくするイベントが綴られています。この絵本が描かれたのは1940年代のようなので、レトロ感がありますね。

クリスマスカードを手作りする子どもたち。プレゼントを買いに街に行き、次は、クリスマスプディング作り。キャロルを歌うキャロリングの人たちをもてなしたり、部屋中を飾り付けたりと、やることはいっぱいです。

そして迎えるクリスマス当日。たくさんのプレゼントやカード、そして美味しそうなご馳走!これだけで十分満足なのですが、きちんと教会に行き、郵便やさんやプレゼントをくれた親戚の人たちに、きちんとお礼をすることまで、さりげなく書かれていて、「おおっ」と思ってしまいました。

読後、何にしても、心構えというのは大事だな、と思ってしまいました。手作りのクリスマスカードのページをめくっていて、年賀状を楽しんで書いていたのはいつ頃だったかな、と。印刷も進化しているのもあるけど、年々、やっつけ仕事になっているような・・・時間的制約はあっても、書いている間は、ゆったりとした気分で書きたいものですね。

*『クリスマスってなあに?』
ジョーン・G・ロビンソン(文・絵)
こみや ゆう(訳)
岩波書店(2012年刊行)

 

『クリスマスのおかいもの』たしろ ちさと

  • 2014.12.14 Sunday
  • 14:19

どういうわけか、今年はちっともクリスマス気分になれなくて、少しさみしい。まあ、浮かれる年齢でもないわけですが・・・街の華やかな雰囲気が、ばたばたの選挙戦やら前倒しのセールなどで、以前のものとは異なってきている気がしませんか?

冬のセールと言えば、初売り以降が定番だったのに、今や12月どころか11月下旬くらいから始まっているようです。こうなると、いつ買っていいかわからないですよね。もっと言うと、セール期間でない時はいつ?という感じもします。

消費者的にはお得に買えてありがたいのですが、メリハリがなくなってしまっているのも事実。(小売業の厳しさは、重々承知で、気持ちはわかる)前置きが長くなってしまいましたが、クリスマス前の楽しい気分が味わえる絵本を、ご紹介します。
 

 


もみのきマンションに住むのは、うさぎのはなちゃん、きつねのこんくん、あひるのがあおくん、りすのりすこちゃん。クリスマスには1階に住むはなちゃんのいえで、みんなでパーティーです。

今日は、クリスマスイブということで、街にみんなで買い出しに。こんくんは何やら準備で忙しく、お留守番です。

いろいろなお店がいっぱいの商店街には、たくさんのお客さん。町並みはちょっとヨーロッパ風。なのに、お店の名前や、棚に並んだ品物の名前はみんな日本語で、これがまたぐっとくる。思わず隅々まで見てしまいますよ。子どもたちはこういうの、きっと好きです。

3人はそれぞれ思い思いのものを買うわけですが、これまた個性が出ています。手作りのケーキを作るために材料を買ったはなちゃん。一人一人の趣味にあった絵本を選んだりすこちゃん。高級店でお小遣いをはたいて、みんなのくつ下を買ったのはがあおくん。こんくんは自作の品をプレゼント。

どのプレゼントが一番か、なんていうのはナンセンス。相手を思って選んだプレゼントはどれも素敵です。

そうそう、クリスマスといえば、欠かせないのはクリスマスツリー。街に出た3人が並んで買ってきたきらきら飾りは、いったいどんなふうに飾り付けられたんでしょう?4人が住む「もみのきマンション」から想像してみてくださいね。

*『クリスマスのおかいもの』
たしろ ちさと(作)
講談社(2009年刊行)

 

『ねこ ねこ こねこ』ブルノー・ホルスト・ブル/ヤーヌシ・グラビアンスキー

  • 2014.10.26 Sunday
  • 17:50

ここ2ヶ月は、公私ともに忙しく・・・ブログがこんなにもおろそかになってしまいました。すみません。紹介したい絵本は山ほどあるのに・・・

気を取り直して・・・今日の絵本は、ネコ好きの方なら、是非!手にとってもらいたい絵本です。(犬好きの方は、ごめんなさい・・・)
 

 


ネコの絵本と一口に言っても、たくさん種類がありますよね。どちらかと言うと、可愛らしさが全面に出たものが多いと思うのですが、この作品は「可愛らしいさ」というより、野性的な「猫らしさ」が描かれています。

表紙を見てみると・・・ネコが興味津々に見ている時って、こんな表情してますよね。ページをめくってみたら、リアルなネコの表情に圧倒されてしまいました。

なんでこんなに生き生きしているんだろうと思って、よく見ていくと、なるほど。迷いのない筆使いがそうさせているようです。しゅっと引いた線はまさに、ぴんと立ったネコのしっぽそのもの。ひげの具合もいい感じです。

添えられている文章は、お話というよりは詩のような雰囲気。読み物としての絵本ではないので、言葉と一緒に、画集として楽しむのが良いのではないでしょうか。

各国版の入手が難しいなか、日本では翻訳出版されたものが、まだ出版されているのはうれしいですね。

*『ねこ ねこ こねこ』
ブルノー・ホルスト・ブル(作) ヤーヌシ・グラビアンスキー(絵)
まえかわ やすお(訳)
偕成社(1969年刊行)

 

田舎便り 8

  • 2014.08.02 Saturday
  • 23:36

一昨日に引き続き・・・
庭先の植物の正体は、実は「かんぴょう」。ウリ科のユウガオに属しているので、夕方になると白い花が咲き始めるんです。
 

 


花の直径は7センチくらい。花弁の根元がぷっくりしているのが雌花とのこと。

 

 

 

 


葉をかき分けてみると、ありました。薄緑の実がごろんと2つほど。

 

 

 

 

 


写真からだどメロンくらいにしか見えないかもしれませんが、実際はかなり大きいです。スイカを一回り大きくしたくらいはあるんですよ。

なんでまた、かんぴょうなんて植えたのか・・・「なんとなく」という理由で作ってみたようです、うちの両親。

実は去年にもトライしたのですが、買ってきた苗が、お店の手違いで全部ひょうたんだったんですね。ひょうたんはさすがに食べられない。そんなわけで、今年はリベンジしてみたようです。

でも、かんぴょうだって、そう簡単には食べられないんですよね。これがお店で売っている紐状のかんぴょうになるまでには、手間隙がかかります。

専業の農家では、シューっときれいに剥ける皮むき機があるんですけど、さすがにそんな大層なものはないし。カンナのような皮むき機は、なんとアマゾンなどでも買える・・・どのくらい需要があるのか、知りたいところ。

私が小さい時も、近所で紐状にむかれたかんぴょうが、干されているのを目にした覚えがありますが、最近ではこの辺りでは全く見なくなりました。

作ったからには、干す気満々の母ですが、作ってからも、食べる用途は限られるんですよね。どうやっても主食にはならない。民芸品の「ふくべ」(気になるは検索してみてください。ちょっと)にならないことを祈ります。

 

 

田舎便り 7

  • 2014.07.31 Thursday
  • 23:45

日中の暑さもあって、夕方に外に出ると、なんだかほっとした気分になりますよね。先日、実家に帰ったところ、その日の夕方は、風も出てきて良い感じでした。
 

 


遠くではひぐらしが鳴いていて、近くの田んぼからはカエルの声。ほんとうに今はいい季節。

 

 

 

 


空はまだほんのり明るくて、昼間の暑さの余韻が残っている感じ。

 

 

 

 

 


ふと思い出して、庭の端のほうへ歩いて行くと、予想通り白い花が咲いています。この夕方に咲く花、何かわかります?栃木の名産品なんですが、いちごではありません。蔓をかき分け探してみると、実がしっかりなっていました。

答えは明日か明後日にでも。それでは。

 

 

『少女ソフィアの夏』トーベ・ヤンソン

  • 2014.07.27 Sunday
  • 22:33

毎日暑いですね。今日は夏の読書におすすめな児童文学をご紹介。朝の涼しい時間に読書なんて優雅だな、と思いつつ、私自身は夜型からなかなか抜けれない・・・夏の虫が鳴いている夜だって悪くはないし、と言い訳しつつ・・・
まあ、どちらにしても、夏に読んで欲しい一冊です。
 

 


舞台はフィンランドの小島にある「夏の家」。主人公のソフィア(まだ10才にもなっていないくらい?)と、70才も年が離れたおばあさんのある夏の日々が描かれています。

お母さんをなくしたばかりのソフィアとお父さん、そしておばあちゃんが暮らす夏の家。様々な経験を通してちょっとずつ成長していくソフィア。

森へのちょっとした冒険にも、おばあちゃんはソフィアに付き合ってくれるし、いろいろ質問しても、おばあちゃんなりの回答で答えてくれます。

とはいえ、おばあちゃんとのやりとりは、穏やかなというよりは、お互いはっきり言い合っている感じ。それでも安心して読み進められるのは、愛情のうえに成り立ったやり取りだからかもしれませんね。

もう一つ、注目したいのは北欧の大自然。ムーミンシリーズでもそうですが、「大自然と人」というよりは、「大自然の中にいる人間、生き物」という視点で描かれていること。読んでみるとよくわかります。

原画展で見た絵でも、本の挿絵でも、登場人物が自然の中にぽつんと小さく描かれている絵が多いし、印象的です。人間は到底、自然にはかなわない、と改めて認識してしまうような・・・今回のお話は「島」が舞台ということもあって、よりダイレクトに自然の豊かさ、偉大さが伝わってきます。

あとがきを読むと、トーベさん本人の身内の方々が、登場人物のモデルとなっているよう。ご本人も、実際に島暮らしをしていた経験があるとのこと。リアルな描写には納得です。

日本の夏とはまた違った夏の日々。旅行に行けなくても、ちょっとした気分を味わえる作品です。ぜひ、ご一読を!


こちらの作品のスウェーデン語版(原書)はお店でも扱っています。
こちらからどうぞ。

*『少女ソフィアの夏』
トーベ・ヤンソン(著) 渡部 翠(訳)
講談社(1993年刊行)

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

お店はこちら

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM